採用方法

【採用担当者向け】初めてのオンライン面接で失敗しないポイントとは

  • 更新日:


新型コロナウイルスの拡大により、これまで対面で行っていた採用活動をオンラインでの対応に切り替えている企業がいる中で「どのようなツールを使えばいいのかわからない」「対面よりも応募者の見極めが難しくうまくいかない」などのお声を耳にします。

そこでこの記事では、オンライン面接を導入するために必要となる準備や、オンライン面接を対面と変わりなく、円滑に進める方法・ポイントなど具体例をあげながら、ご紹介します。

▶【オンライン面接もOK】パート主婦を採用するなら求人サイトしゅふJOBパート。詳しくはこちら

オンライン面接のメリット

いつでもどこでも面接を行うことができる

オンライン面接の最大のメリットは、いつでもどこでも面接が実施できることですが、他にも企業側・求職者ともにスキマ時間を活用できるため、面接の日程が調整しやすくなるなどのメリットもあります。

求職者の多くは、仕事を探し始めてから早期に内定を獲得したい気持ちがあるため、短期間でのスケジュールで採用活動を進めることで、応募者が他社で決定してしまう確率を減らすことができます。


面接を録画し、社内共有・面接官の育成が可能

利用するツールによりますがカメラを使い面接を録画することで、面接を行った応募者に関して、社内で早急に情報共有を行うことができるので、採用を早期化することができるようになります。

また、面接風景を録画することができるので、面接官の振り返りとして使用できたり、面接官を育成する教材として活用することも可能になります。

Q.面接を録画することは違法?
面接を録画すること自体は、違法ではありません。しかし、録画されたデータが流出しないように録画データの管理を徹底する必要があります。






 

オンライン面接で必要となる準備とは?

オンライン面接をするために必要となる準備とは、下記3つになります。

1.ネットワーク環境の整備
2.オンライン面接に使用するツール選定
3.応募者へ事前に案内するマニュアル準備

上記3つの方法とは、オンライン面接を円滑に進めることができ、さらには、応募者とのトラブルを回避する手段にもなります。


ネットワーク環境の整備

オンライン面接を行う機器については、パソコン、スマートフォン、タブレットなど、現在一般的なデバイスはあれば問題ありませんが、下記2つについて注意しておくことで、オンライン面接をスムースに進めることができます。

1)面接官を写すシステムが備わっているか?
パソコンの場合はそれ自体に「カメラ」や「マイク機能」があるかどうかを確認しましょう。ノートパソコンの場合は内蔵されている場合がほとんどですが、内臓されていない場合は、別途カメラやマイクが必要となります。面接を実施する前にきちんと使えるかどうか確認しておきましょう。

2)ネットワークの安定性は問題ないか?
電波の悪いところでオンライン面接を行うと、面接中に画面が止まってしまったり、相手の声が聞こえなくなったりするなど、スムースな面接がしづらくなります。

解決方法として、企業においては、Wi-Fi環境下、できれば有線でLANケーブルを繋ぎ、オンライン面接を実施するとよいでしょう。また、応募者に対しても、事前に電波の良い場所でのネットワーク接続をお願いするなど、事前に注意喚起しておきましょう。


オンライン面接に使用するツール選定

オンライン面接用のツール自体は無料から使えるものが多くありますので、各ツールの特徴や金額が、自社と相性が良いものを選びましょう。

中には何分までの利用は無料、何人までの利用は無料というパターンも多いため、社内において面接で使う場合のルールを明確にしておくことをお勧めします。そうすれば無料で使うことができ「採用コスト」を大幅にカットできる可能性もあります。

1.スカイプ
Skypeはマイクロソフト社が提供する、無料通話とチャット用のコミュニケーションツールで、応募者からの知名度は比較的高いです。

会議の音声や映像の録音・録画、画面共有が可能であり、無料の通話テスト機能で事前に音声の確認ができるため、安心してWeb面接を始められます。※Skypeはパソコンとスマートフォンどちらでも利用できますが、アカウント登録が必要となるなど、事前準備に多少の工数がかかります、

【スカイプ公式サイト】https://www.skype.com/ja/

2.ZOOM
ZOOMは米国に本社を置くズームビデオコミュニケーションズ社の無料ツールであり、1対1(2人)の接続は無料、録画や画面共有が可能です。※3人以上で同時接続する場合は、40分の時間制限が設けられており、時間制限のない有料版は、月額2000円となります。

パソコンとスマートフォンのどちらでも利用でき、応募者はアカウント登録なしにWeb面接(オンライン面接)に参加できますが、スマートフォンから参加する場合は、事前にアプリをインストールしておくことが必要です。

応募者にオンライン面接用のURLを事前に共有しておき、面接時には、クリックするだけでWeb面接(オンライン面接)を開始できます。

【ZOOM公式サイト】https://zoom.us/jp-jp/meetings.html/

3.BIZMEE
BIZMEEは、日本企業の株式会社grabss様が開発・提供する無料のWeb会議サービスであり、アプリのインストールやアカウント登録なしで、Web面接(オンライン面接)が実施することが可能です。BIZMEEのサービスサイトで任意のURLを作成し、応募者に共有するだけで準備が完了します。

【BIZMEE公式サイト】https://bizmee.net/


事前に案内するマニュアル準備

応募者の中には、オンライン面接を経験したことがない方もいらっしゃいます。
実際に、オンライン面接を行った企業の中には「面接直前にツール利用に関するお問合わせがあり、面接が円滑に進められなかった」というトラブルも起こっています。

そこで、企業では、オンライン面接で使用するツールに関する説明や面接時の環境について、マニュアルにまとめて、事前に応募者へメールで案内しておくと、オンライン面接を円滑に進めることができ、応募者も安心して面接にのぞむことができます。

【 事前に案内すべき内容 】
・ツール利用時のマニュアル
・利用可能なパソコン環境
・オンライン面接用のURL
・面接時の環境(Wi-Fi環境があるか、など)

 

パート採用をメインで行っている企業については、応募者の中に、小さいお子さんがいる方や面接に慣れていない方もいるので「面接時に子どもと一緒/子どもがいてもOK」「服装自由OK」など、事前に案内してあげることで、応募者の環境整備ができるだけでなく、企業側のイメージ向上にもつながる場合もあります。






オンライン面接で気を付けるべきこと

面接ドタキャンに備える

オンライン面接は、対面での面接に比べ、軽視されやすく、面接開始時刻になっても相手が現れないってこともあります。そのような場合に備え、メールアドレス以外に、電話番号やLINE、Messenger等の連絡のつきやすい連絡手段を事前に確認しておきましょう。

リアクションは対面の時より強調する

オンライン面接は、相手に反応が伝わりにくい傾向にあるので、頷く、笑うなど、普段よりも動作を大きくすることで、感情を伝える動作を行うようにしましょう。

オンライン面接で「応募者」を見極めるポイント

オンライン面接の場合、対面での面接と比較すると、応募者の反応が読みづらく、自社にマッチする人材なのか、見極めにくいという声が多く発生しています。

しかし、通常の面接においてもオンライン面接においても、採用ミスマッチを防ぐ面接を行うためには、あらかじめ評価基準や質問項目を決めておき、手順通りに実施していくことで応募者が自社とマッチするのか見極めることができます。

下記の記事より、どのような質問項目を準備していれば、ミスマッチを防ぐ面接ができるのかご紹介しております。

【面接官は必読】目的別質問集~ミスマッチや辞退を防ぎ・即戦力を採用する~

最後に

オンライン面接においても、対面での面接においても、オンライン面接の環境整備や面接基準の設定など、面接前の事前準備がとても重要になります。

2020年現在、オンライン面接がスタンダードになっていく可能性が高まっています。ぜひ採用手法の一つとして導入していくことをお勧めいたします。

オンライン面接の誘導もスムースに!
しゅふJOBパートなら簡単に求人掲載ができます

「オンライン面接を実施しているメリットを求職者に伝えたい」

そんな企業様はぜひ、ぜひ一度求人サイト【しゅふJOBパート】の詳細をご覧ください。しゅふJOBパートでは求人作成画面に「オンライン面接あり」とカンタンに設定するだけで、求職者にわかりやすくPRできます。

※しゅふJOBパートは、
年間991万人の主婦が集まり、全国2万社以上の企業様にご利用頂いただき、
NHKをはじめ日経新聞、雑誌などにも多く取り上げられられております。

オンライン面接を行っている企業の求人は求職者からも注目度急上昇中。
採用が進まないな…という企業様はぜひお気軽に、しゅふJOBパートもご検討ください!

しゅふJOBパート・サイトはこちら

署名

しゅふJOBパート活用ノウハウ編集部

主婦の「働きたい」と企業の「採用したい」をおつなぎするために、
「主婦xパート」に関する採用・雇用情報の発信に取り組んでいます。

しゅふJOBパートは、主婦雇用に向き合い続け約20年の実績を持つ
ビースタイルグループの一員です。

人気の記事

もっと見る

ページ上部へ