しゅふJOBパート・メソッド

【応募課金っていいの?】メリットやデメリット、実際に利用した企業の事例を交えて解説します

  • 更新日:


求人媒体を使ってうまく採用をしたい、とお考えの企業様は求人媒体各社の様々な料金プランをお調べしているかと思います。

「採用できるかわからないのに、求人掲載費をかけたくない」
「求人広告を出しても応募がなかなか集まらない」
「なるべく採用単価を抑えて採用したい」

そのような企業様は「成果報酬型」とりわけ「応募課金」を強くお勧めいたします。

この記事では、応募課金のメリットとデメリットから、応募課金で採用を成功している企業の事例を交えて、応募課金の特徴を解説いたします。


▶【パートや主婦の採用なら】主婦特化型求人サイトのしゅふJOBパート。詳しくはこちら。

応募課金プランとはどういうものか?

低コストの成果報酬型です

求人媒体の料金プランには主に「掲載課金」と呼ばれる求人掲載時に費用が発生するものと、「採用課金」「応募課金」といった成果報酬型のプランが、求人媒体各社で用意されています。

その中でも今回ご紹介する「応募課金」というものは、求職者が貴社の求人に応募をした時に初めて費用が発生するものです。

「掲載課金で、有名どころに求人を掲載しても応募が入らなかった…」と言ったような出費を防ぐことができることと、採用の前段階である応募時点ということもあり、1単価が比較的低単価である点が大きな特徴です。

応募課金は、例えば1人目の応募者が採用に値する人物であり採用をした際、1応募単価が5,500円だった場合は、1名採用を5,500円でできた!ということになります。


応募課金のメリット・デメリット

まずメリットは、何と言っても「掲載自体が無料」という点。

応募という成果がなかった場合はゼロ円の言うこともあり「低リスク」でもあります。

デメリットは、望まない応募にも課金が発生するという点です。

1応募があった時点でどんな応募でも課金対象となること、例えば応募者が他社と貴社にそれぞれ応募して他社で先に採用が決まったとしても、応募料金はカウントとなります。

応募が来た分支払いが発生するので、望まない応募に対しても金額を払うというケースもあります。

応募課金に限らずですが、どの時点で費用が発生するのかは求人媒体によって異なりますので、よく確認いただくことをおすすめいたします。


応募課金が向いている企業って?

それはずばり、「応募からの採用率が高い」企業。

応募の人数に対して、採用する人数が多い企業に向いています。

これまでの採用を振り返ってみて、少数の応募者内で採用が出来ているポジションは応募課金が向いている傾向があります。

専門職の採用や応募から採用までのプロセスを長く設けじっくり選考を進める場合、複数名募集につきたくさんの応募が必要という場合は、応募の数だけ課金される応募課金は向いていないといえます。

しゅふJOBパートの応募課金


当メディアも運営している株式会社ビースタイル メディアの求人媒体「しゅふJOBパート」でも応募課金プランを提供しています。

しゅふ層に特化した求人媒体だからこそ実現できる「満足度の高い応募課金プラン」。今回はその理由を、実際に利用している企業様のお声と共にご紹介します。


企業の7割が選ぶ!低価格・低リスクの料金プラン

新たにしゅふJOBパートをお申込いただく企業の約70%は、「応募課金プラン」を選んでいます。(2020年現在)

しゅふJOBパートの応募課金プランは、応募があった数だけお支払いするタイプでもちろん、応募がゼロだった場合には、当然料金は無料。

さらに、応募数の上限設定が可能なため採用の予算をコントロールしやすいのが特徴です。

しゅふJOBパートはしゅふ層に特化した求人媒体という特徴から、求める応募者のずれが少なく「応募後の採用率が他媒体よりも高い」と評価を頂いていることも大きな特徴です。


応募課金の料金テーブル

しゅふJOBパートの応募課金プランでは、「職種ごと」に課金単価を設定しています。

●未資格や未経験可能の職種
・1応募=5,500円
・職種例:一般事務、接客業、軽作業など

専門職、資格、経験必須の職種も低コストで募集可能です。

●実務経験必須や、資格を要する職種
・1応募=7,500円
・職種例:経理財務、塾講師など

●国家資格必須や医療介護職、専門性の高い経験を要する職種
・1応募8,000円~
・職種例;家事代行、法人営業など

より詳しく仕組みを知りたい方はお気軽にお手元にご覧ください。サービス資料は無料ご提供しています。

低コストと質の高い応募に、自信があります。
しゅふJOBパートの「応募課金プラン」
詳しい資料を見てみる→

 


安心してお使いいただくための取り組み

しゅふ特化型求人サイトとしてできること、それはお客様が安心して質の高い求職者と出会える場所を『低価格で』提供することです。

「しゅふJOBパート」は、お客様が安心して応募課金プランをご利用いただけるため、10つの取り組みを実施しています。(2020年現在)

応募課金プランご利用のお客様に安心していただけるように、最新システムと運営スタッフの目で細やかにチェックし、改善を続けています。

<安心してお使いいただくための取り組み例>
・「まとめて応募」ができない仕様
・ 求職者へ応募時に注意喚起を実施
・ 応募数の上限設定が可能
・ 求職者の応募時の質問の設定が可能


応募課金ご利用企業様の声


ここではしゅふJOBパートの応募課金プランを通じて採用が成功できたと嬉しいご報告を頂いた企業様を一部ご紹介いたします。

応募課金での採用を迷われている方はぜひご参考ください。

各社の写真は実際にご掲載いただいた求人より引用しています。


未経験者の採用のケース

<ユニオン住宅機器株式会社様>
「掲載開始12日間で1名応募→1名採用。5,500円で採用活動が終わりました!」
・東京都
・営業事務の募集にて

経験者採用のケース

<濱田会計事務所様>
「経理経験者の募集でしたが、十分な応募数で満足しています」
・兵庫県
・経理(経験者)の募集にて

もっと事例を見る
▶【詳しくはこちら】しゅふJOBパートご利用企業様の声を集めました。

しゅふJOBパートについて

しゅふの雇用創造20年に向けて

当メディア及び求人媒体「しゅふJOBパート」を運営する株式会社ビースタイル メディアは、2002年創業のビースタイルグループの一員として”しゅふの雇用創造”に取り組んで20年に向け求人媒体を通じて全国の「働きたい」しゅふと企業の「採用したい」をおつなぎしています。

メディア掲載もビースタイルグループ全体では年間400本の実績を持ち、「主婦の雇 用・採用・働き方 = ビースタイル = しゅふJOB」での認知度が高くテレビや雑誌、WEBメディアにて数多く取り上げて頂いています。

<メディア掲載実績例(ビースタイルグループ)>
・カンブリア宮殿(テレビ東京)
・ガイアの夜明け(テレビ東京)
・あさイチ!(NHK)
・日本経済新聞
・読売新聞 など多数


しゅふのお仕事探しやすさNo.1

しゅふに特化した求人媒体は「しゅふJOB」が先駆け、主婦(主夫)層の集客では、全国で実績があります。

しゅふ向け求人を多数掲載し「パート」との親和性が高いサイトとして評価頂き、Google、Yahoo!の検索にて「パート」「パート 求人」「主婦 パート」など、しゅふが仕事探しする検索ワードにて常に上位表示!全国の主婦が日々しゅふJOBパートに集まっています。


望む応募が来ると好評!求人は「しゅふJOBパート」が無料で作成代行

しゅふJOBパートでは、主婦のプロライターによる無料の求人作成代行を初回のご利用企業様全員にご提供しています。

お電話数十分で、ライターが募集要項や人物像をお伺いししゅふに刺さるメッセージも混ぜしゅふにヒットする求人を作成します。

先にご紹介した事例でも「作ってもらった求人がよかったから少数応募でおさまった」というご評価も多数!

しゅふJOBパート一同、ご採用完了までしっかりサポートいたします。


最後に

応募課金は低リスクな成果報酬型の料金プランですが、課金タイミングが応募時点のため、自分たちが採用したいターゲット層からの応募が集まる求人媒体か?など、納得がいくサービスを選ぶことで、気持ちよくそして大変お得に採用活動ができます。

圧倒的な低コストで採用を!
主婦採用のことならしゅふJOBパート

求人媒体【しゅふJOBパート】は、
年間991万人の主婦が集まり、全国2万社以上の企業様にご利用頂いただき、
NHKをはじめ日経新聞、雑誌などにも多く取り上げられられております。

主婦層の集客力はもちろん、採用のノウハウも充実!
「採れる求人原稿」も無料で作成代行し、求人原稿をカンタンに掲載できます。

また1名応募=5,500円~で即採用も可能!
費用対効果が高くリピート企業様が多いことも特徴です。

WEBサイトではご利用企業様の成功事例や、実際の掲載求人もご紹介しています。
お気軽にご覧ください。

しゅふJOBパートのサイトはこちら

署名

【運営】株式会社ビースタイル メディア        しゅふJOBパート 活用ノウハウ編集部

主婦の「働きたい」と企業の「採用したい」をおつなぎするために、
「主婦xパート」に関する採用・雇用情報の発信に取り組んでいます。

しゅふJOBパートは、主婦雇用に向き合い続け約20年の実績を持つ
ビースタイルグループの一員です。

人気の記事

もっと見る

ページ上部へ