活用ノウハウ

【面接官は必読】ミスマッチや辞退を防ぐ&即戦力を採用できる質問とは?

公開日:


面接は新卒・中途・パート・アルバイトなど、どんな採用活動でもすべての企業で行われています。面接官とは、自社の求める人材を確保できるかが託されている立場です。

面接官が知っておくべき心得や面接の流れ、具体的な質問例などを理解して、面接に臨み、応募者とのミスマッチを防いて、良い人材を発掘できるようにしましょう。

人材採用・マッチングのプロが提供するこのノウハウを、初めての面接官・ベテラン面接官の方もぜひご活用ください。

▶【パートや主婦の採用なら】主婦特化型求人サイトのしゅふJOBパート。詳しくはこちら

面接官の心得

面接観の役割と心構え

面接がうまくいくかどうかは、面接官次第。限りある時間を有意義に使い、面接を成功させるための◎押さえるべきポイント◎があります。

◎面接官は「会社の顔」であることを意識する
応募者にとって、面接官は「応募した会社で初めて会う相手」。面接官の印象によって「一緒にうまく働けそう/働けなさそう」「従業員を大切にしてそう/してなさそう」などと入社後のイメージを描きます。

もし面接者の印象が悪いことで、応募者が採用を辞退してしまうことになれば、人材の確保ができないばかりか、自社のブランドイメージの低下にもつながってしまいます。面接では、応募者には失礼のないように接しましょう。

◎応募者がリラックスできる雰囲気を作る
応募者にとって面接とは緊張するものです。適度な緊張は応募者のいいパフォーマンスにつながりますが、過度な緊張によって応募者が本来の姿を出せなくなると、採用する側にも応募者本人にもメリットがありません。面接官は、なるべく応募者の緊張をほぐして、リラックスしてもらうような雰囲気を作りましょう。

<リラックスしてもらうには?>
・次の章で紹介している「アイスブレイク」で場を和ます

◎応募者の本音を引き出す
応募者の緊張がほぐれたら、応募者が自社に合う人物かどうか見極めます。適切な質問を用意して、応募者の本音を引き出し、人柄や価値観、働く上での条件などを把握し、自社が求める人物像や採用基準に照らし合わせます。

◎応募者の入社機運を高める
採用したい人材がいたら面接官は応募者が担当する仕事について、適切なタイミングで具体的に伝え、いつから働けそうか具体的に聞いて確認しましょう。その際、積極的に自社で働くことのメリットなどを付け加えて話すと、応募者の入社機運を高め入社後のパフォーマンスの最大化にもつながることでしょう。


事前に最低限、必要な情報をインプットする

応募者の履歴書と経歴書に最低限、目を通しておきます。その際、配属先の特徴を頭に入れ、人材に求める条件やスキルが満たされているかどうか、確認できるようにあらかじめチェックリストを用意しておきましょう。

面接の基本的な流れ(5ステップ)


面接のゴールとは、面接官が応募者から良い情報が取れ、採用する際の判断材料が揃うこと。応募者はベストなパフォーマンスができて、企業からの情報が取れ、入社・辞退の検討ができることです。そのための面接の基本的な流れを紹介します。


1.あいさつ

だいたいの応募者は緊張しているので、面接官は笑顔であいさつや言葉がけをするようにしましょう。その際、アイスブレイクとなる、誰でも答えやすい質問をしてみてもいいでしょう。できればYESやNOで答えられない内容のものが望ましいです。ちなみに、応募者にお茶を出すことで、応募者の気持ちが落ち着くこともありますよ。

<アイスブレイクの小ネタ例>
「今日は暑い(寒い)ですね」
「外はまだ雨が降っていますか?」
「場所は迷わなかったですか?」
「この部屋は寒くない(暑い)ですか?」など。

2.自己紹介、会社の紹介

「〇〇部の□△課長の××です。今日はよろしくお願いします」というように名前、役職、担当業務ついて名乗ります。また、会社の沿革や事業の内容、今後の展望、今回どのような経緯で求人をすることになったのか説明しましょう。

<更に有意義な面接になるポイント>
・面接官自身もまずは自己開示!
→相手にも話して欲しい内容を自分の自己紹介として話してみます。相手に自己紹介を求めた際、用意した内容だけを話す人と自分が話した内容を盛り込んで話してくれる方なのか?コミュニケーション能力を求める仕事の場合は特に良い判断材料になります。

3.応募者からの質問対応

2.で話した自己紹介や会社の紹介について、応募者から質問があれば丁寧に答えます。応募者が自社に対してどこに魅力を感じているか、どのような仕事に興味が持っているのかなど、採用の際の参考にもなります。

4.応募者の人物評価や適性を知る質問をする

応募者の自己紹介をはじめ「志望動機、希望職種、前職での経験、得意なこと」について、履歴書や職務経歴書を見ながら質問します。

質問する際は、相手にはっきりと分かりやすく伝え、聞き漏れのないようにしましょう。場当たり的に質問をするのではなく、事前にこれだけは!という質問を整理し、聞き忘れのないようにしましょう。

<やりがち?だけどやってはダメな行為>
・回答の価値観、経験、人格を否定してしまう
「仕事と関係のない=NGな質問」をしてしまう

5.合否の連絡

双方の質問が終えたら、面接を終えます。このタイミングで「どうやって合否を連絡するか(メールや電話)」「いつまでに合否の連絡するか」を必ず応募者に伝えます。合否の連絡は、1週間以上空けないようにしましょう。連絡が遅いと双方マッチングしていても「だらしがない会社」と思われ辞退されてしまう可能性が高まります。

目的別の質問集


聞きたい目的に合わせて、応募者へ投げかける質問も換えていきましょう。ですが正社員向けのものと、パート・アルバイト向けではやや求めるスキルや経験が異なりますよね。ここではそれらを分解してご紹介します。


経験やスキルを確認する

【パート・アルバイト採用向け】
・かんたんな自己紹介をお願いします。
・当社の仕事を通じて学びたいことはありますか。

<ポイント>
業務内容にもよりますが、高度な質問が不要の場合が多いためこの点は職務経歴を見ながら面接官側が気になった職務内容について具体的に質問していく方がスムースです。

【中途採用向け】
・簡単な自己紹介をお願いします
・今までどのような仕事をしてきたか具体的に教えてください。
・あなたのスキルで、当社が得られるメリットを教えてください。

<ポイント>
話される内容だけではなく自分自身のことや考えを、端的に分かりやすく相手に伝えることができるか?というプレゼンテーションスキルも確認できる質問です。


志望動機・やる気/意欲

【全共通】
・どうして我が社を希望したのですか?
・働こうと思ったきっかけは何ですか?
・あなたがこの業界を選んだ理由を教えてください。
・仕事のするうえでのやりがいを教えてください。


行動力・積極性

【全共通】
・未経験の仕事もできますか?
・過去の仕事であなたが力を入れたものは何ですか?


柔軟性・忍耐力

【全共通】
・苦手なことはどんなことですか?
・トラブルが起こったとき、どう対処していますか?


コミュニケーション力・協調性

【全共通】
・あなたは周りからどんな人と言われることが多いですか?
・初めて会った人と仲良くなれますか?
・あなたがチームで働く時に意識していることは何ですか?
・チームで仕事をすることは得意ですか?


労働時間

【パート・アルバイト採用向け】
・週に何日、1日どのくらい働けますか?
・もし残業が発生したら、対応はできますか。

<ポイント>
短時間のシフトで働くことを希望しているため、基本残業は対応が難しい人が多いです。「え、全くできないの?」と怪訝な顔や態度をとらないようにしましょう。あくまで、残業が発生したときにどのくらい協力してもらえるかを確認する、ということが伝わるようにしましょう。


家族の理解

【パート・アルバイト採用向け】
・仕事をするにあたって、ご家族の理解は得られていますか?
・(小さいお子さんがいる場合)あなたが働いている間、お子さまはどうされますか。 また急に熱を出したときはどうしますか。

<ポイント>
ここではあくまで「突発的な休みがどのくらい発生しうるか」を予測するために確認することであり、家族構成やプライベートなことを聞くことはNG。

法令違反もあり。NGな質問とは


面接の際に、応募者に嫌われたり、そもそもしてはいけない質問について紹介します。何気なく聞いてしまう質問の中には、基本的人権や男女雇用機会均等法の侵害や就職差別、セクシャルハラスメント(セクハラ)にあたるものがありますので、充分な注意が必要です。ここは雇用形態問わずすべての面接において適用されます。


職業差別

・あなたの本籍はどこですか?
・ご両親のお仕事を教えてください。
・あなたのお父さんとお母さんの出身地はどこですか?
・あなたの住んでいる地域はどんな環境ですか?

思想・信条、宗教、支持政党

・あなたは神や仏を信じますか?
・あなたの信仰している宗教はなんですか?
・〇〇党についてどう思いますか?
・どこの新聞を取っていますか?

女性差別やセクシャルハラスメント

・結婚や出産の予定はありますか?
・出産後も働けますか?
・女性ですが、車の運転は大丈夫ですか?
・女性にはお茶くみをお願いしていますが、できますか?
・今、付き合っている人はいますか?

<参考>あなたの会社は大丈夫?人権に配慮した公正な採用選考が出来てるか、チェックしてみましょう/厚生労働省

最後に


面接の成功は、採用した人物が早く一人前になり、できるだけ長く(雇用期間を)働いてくれることです。

面接の仕方を誤ると、応募者と思わぬミスマッチを招き、早期退職してしまうかもしれません。そうなると面接のための時間やコストなどが無駄になってしまいます。そうならないためにも、採用基準を作ったり、自社が求める人物像の明確化にしたりして、面接のための準備を怠らないようにしましょう。

ユーザー数760万人!主婦の採用メディアNo.1!
「しゅふJOBパート」なら募集から面接成功ノウハウなど、採用まで手厚くサポート!

社会人経験が豊富でコミュニケーション能力の高い主婦の採用は、マナーなどの教育コストを削減し、業務効率のアップを見込むことができます。また主婦層は近所からの応募が多いため定着率が高く長期的な採用コストの削減にもつながります。

主婦採用に特化した求人媒体しゅふJOBパートは「掲載開始から採用終了まで手厚いサポート」に定評があります。

・質の高い応募が来る求人作成を無料で代行(初回申込限定)
・掲載後の求人修正の無料相談
・内定承諾率も上がる面接ノウハウの紹介

ぜひお気軽に、しゅふJOBパートサービスに関する資料をご覧ください。

しゅふJOBパートについて詳しい資料が欲しい方はこちら

署名

この記事を書いた人

しゅふJOBパート活用ノウハウ編集部

編集部

ページ上部へ