はたらく知識

シングルマザー向きの仕事・賢い働き方は?母子家庭のパート事情を解明!

更新日:

働き方

家計を支える上でも仕事はしなければならないけれど、子どものことも1人でしなければならないケースが多い、シングルマザー。

安定を考えれば正社員の方がいいけれど、子どものことを考えたら時間の自由が利くパートの方が良い気も……と悩みどころではないでしょうか。

シングルマザーとパートをテーマに、
・シングルマザーにとってのパートの魅力は?
・パートのデメリットとは?
・収入安定のコツ
をキーワードに、シングルマザーのパート事情について解明していきましょう!

 

しゅふJOBパートでシングルマザーの応募を歓迎しているお仕事を探す

シングルマザーにとってのパートの魅力は?

子どもを持つ母親が働く際に、一番考えなければいけないのは、やはり子どものことですよね。

シングルマザーだから…というよりは、子どもが病気になった時や、自分が残業しなければいけなくなった時に、代わりに面倒を見てくれる人がいるかどうかが働き方を大きく左右しています。

シングルマザーであっても、両親と同居できるなどバックアップがしっかりあれば、正社員として働くことも可能かもしれません。

母子のみで生活するとなれば、自分が看護・送り迎えをする時間を作る必要が出てくるので、パートで働くほうが自由度は高いと言えるでしょう。

パートの場合、基本的に残業がないことが多いですし、シフトを組める職場も多いので、子どもの参観日などに合わせて調整がしやすいメリットがあります。また、短時間で働くことができるので、子どもが体調を崩した時もすぐに迎えに行き易いといえるでしょう。

子どもがある程度大きくなってしまえば、体調を崩すことも少なくなりますし、学校の授業時間も長くなるので、より長い時間が確保できるようになり、正社員としても働くことも可能になってきます。

また、企業によっては短時間勤務の正社員制度があるところもあります。

お子さんの年齢に合わせて、勤務形態を考えてみるのもいいでしょう。

パートのデメリットとは?

パートを選択した場合、シフト調整で休みやすい・短時間勤務で送り迎えに行きやすい、というメリットを挙げましたが、やはり心配になってくるのは、収入面ではないでしょうか。

パートの収入だけで母子家庭として生活していくことは可能なのでしょうか?

シングルマザーの場合、様々な面で優遇措置が取られ、公営住宅に優先的に安い賃料で入れたり、補助金や手当がもらえたりという制度があります。とはいえ、やはりパートの収入だけで生活するのは大変なようです。

ちなみに、パートの収入は、1カ月当たり〜10万円程度、という人がほとんどです。

子どもが小さいうちはまだいいのですが、成長するにつれて、学費がかかってきます。大学まで行かせてあげたいとなると、将来に備えて学費を蓄えておかなければいけません。さらに、子どもが二人、三人となると、学費の負担も2倍、3倍となってきます。

自分の老後用の貯蓄も考えたいところですが、とても十分な収入とはいえないようです。

実際にシングルマザーでパートを選択している人には、
・パートから正社員に転換できるところで働いている人
・実家に援助をしてもらっているという人
・養育費をもらっている人
など、様々います。

子どもの行事や都合で、欠勤や遅刻早退が相談しやすいのはとても嬉しいことですが、やはり勤務時間が短くなれば、その分給与も減ってしまうので、毎月の収入額も不安定になってしまいます。

みなさんやはり、パートの収入だけでは不十分と感じているようです。多くは、何らかの副収入を得て、生活を成り立たせているのが実情のようです。

収入が安定するコツは?

では、不十分な収入を、少しでも安定させるにはどんな方法があるでしょうか?

1)厚生年金に加入する

就業条件によっては、パートでも厚生年金に加入することができます。

収入から換算すると、厚生年金の方が保険料を安く抑えられる可能性が高い上、将来の給付額を考えてもお得です。まずは、職場に相談してみると良いでしょう。

2)資格を取る

資格を生かした仕事をする場合、時給そのものが高かったり、資格手当が出ることもあります。

「教育訓練給付金制度」が利用できる資格であれば、受講費用の一部が支給される形で資格を取得することができます。

3)手当をもらう

各自治体からもらえる手当として、児童扶養手当、児童手当などがあります。

各自治体によって様々ですので、一度検索して調べてみることをおすすめします。

4)養育費をもらう

養育費をもらっていない場合には検討してみるのも手段の一つです。

養育費の支払いが滞っている場合には、履行勧告、強制執行などをして支払ってもらうこともできます。もし取り決めをしていなかった場合でも、家庭裁判所に調停の申し立てをすることができます。

将来の教育費に備えるには?

子供が成長するにつれて必要な学費どんどんかかっていきますが、公立と私立、幼稚園と大学では、かかる費用に大きな差があります。
どれほど費用がかかるか見ていきましょう。

●幼稚園
公立の場合、約22万円
私立の場合、約50万円

●小学校
公立の場合、約32万円
私立の場合、約153万円

●中学校
公立の場合、約48万円
私立の場合、約134万円

●高校(全日制)
公立の場合、約41万円
私立の場合、 約100万円

●大学(昼間部)
国立の場合、約67万円
公立の場合、約68万円
私立の場合、132万円

幼稚園から大学まですべて公立だったとしても、子供一人当たり797万円。

高校まで公立で、大学が私立だとすると1053万円。さらに中学まで公立で、高校からすべて私立だとすると1230万円。

このように教育費には多くのお金がかかります。

教育費を賄うために、収入を増やす以外に方法はある?

教育費には想像よりお金がかかると感じられた方も多いのではないでしょうか。

ただ、十数年という長い期間の話です。子供が小さくまだ教育費が少ないうちから、準備をしておくようにしましょう。

多額の教育費を賄うために、自身の収入に頼る以外に、主に以下のの二つがあります。

1)借りる(教育ローン・奨学金)

親が借りる「教育ローン」と、お子さんが借りる「奨学金」の二種類があります。

教育ローンは公的なものと民間のものとで、融資条件が違ってくるのでしっかり確認するようにしましょう。

一方で奨学金は返済しなければならないため、将来の子供の負担になるため、借りる額に注意が必要です。

2)学資保険

学資保険は子供の進学に合わせて、必ずお金が戻ってくる保険です。

貯蓄性を考えると銀行の定期預金より利率が良いのが特徴です。

詳しい内容が以下の記事に載っているので興味のある方は読んでみてください。

まとめ

シングルマザー、特に母子家庭である場合、パートの収入一本で生活をしていくのはかなり厳しいと言わざるを得ません。

収入を上げる工夫をしながら、お子さんの成長に合わせて正社員にシフトしていく、あるいは収入の上がる働き方に変えていくことが必要となります。

そのためにも、本当に困った時に助けてもらえる環境を探すことも必要になってくるでしょう。地域の制度や施設を活用するのも手です。

また、子どもの成長を意識した、先々の準備も肝要です。数年後、数十年後を意識した貯蓄や働き方をすることで、子どもと充実した時間を過ごしましょう。

 

しゅふJOBパートでシングルマザーの応募を歓迎しているお仕事を探す


この記事を読んだ方にはこちらの記事も人気です。

しゅふJOBパート
しゅふJOBパート

この記事を書いた人

しゅふJOBナビ編集部

twitter

しゅふJOBパート