はたらく知識

年末年始は短期間&高収入の短期パート・アルバイトで稼ごう!

更新日:2019-03-15

仕事の探し方

年末年始は楽しいイベントがめじろ押し!

クリスマスのプレゼントやケーキを買ったり、年末年始は帰省や旅行を楽しんだり、お年玉の用意もしなきゃ……

その分出費もかさんでしまうので、収入アップを狙いたい主婦も増える時期ですね。

そこで今回は「年末年始の短期パート・アルバイト」をテーマに
・年末年始の短期パート・アルバイトは稼げる?
・年末年始ならではのパート・アルバイトのお仕事
・これは意外!?年末年始のお仕事体験談
をご紹介します。

年末年始の短期パート・アルバイトは稼げる!

同じ短期のパートやアルバイトでも「年末年始は特に時給が高い」という話はよく聞きますが本当なのでしょうか?

年末年始はクリスマスやお正月など、イベントが立て続けにやってきて、年越しを家族や友人と過ごすため旅行したり、帰省をする人がたくさんいますよね。

この時期はパートやアルバイトに入ってくれる人の確保が難しい事情があります。

人員が集まりにくい上に、年末年始ならではの仕事が増えるのもこの季節。

クリスマスプレゼントやグッズ、お正月商品の販売、それにまつわる製造の仕事も急増します。

そのほかにもお歳暮の受発注や年賀状関連の仕事、美容院では着付けやメイクの仕事も増えてくるころ。

冬のボーナスを見込んだセールが多いのも年末年始…

そのため12月半ば~1月半ばまでのこの時期を「年末商戦」と呼ぶ、繁忙期です。

年末商戦という書き入れ時なのに、働き手が集まらないと大変!

そのため企業は時給を高く設定して、スタッフ集めに奔走することになるのです。

確実に人を確保したいという企業の思惑が働いて、年末年始は時給が高くなるのですね。

年末年始ならではのパート・アルバイトのお仕事

それでは、年末年始ならではのお仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。

主婦にも人気の、代表的なお仕事を紹介します。


郵便局の仕事

年賀状の仕分けや配達のお仕事があります。募集人数が多いのも特徴です。

特に主婦に人気なのは仕分け。数人でチームになって、はがきを配達エリアごとに仕分けます。早朝、夜勤はさらに時給アップ!

お歳暮の仕事

意外に需要が高いのは、注文データをリスト化したり、伝票に起こすPCを使ったお仕事。

普段の時給よりも100~500円アップするところが多いようです。ほかにも特設店舗の接客・販売や、コールセンターのお仕事があります。

販売の仕事

クリスマスはおもちゃ、ケーキなど特設コーナーの販売の仕事が増えます。

お正月明けは家電量販店のセールや福袋販売も。数日間からの短期高額バイトが多いのが魅力です。

イベントスタッフ

年末年始はクリスマスイベントやカウントダウンライブ、参拝など、イベントがたくさん。

会場整理など運営の仕事のほか、設営、撤去の仕事など。

直行直帰ができて、お給料もその日払いなど、その日のうちに完結する仕事もあります。


このほかにも、ケーキ製造や箱詰め、巫女さんのアルバイト、商店街のもちつきイベントのお手伝いなど、地元密着型のお仕事もいろいろありますよ。

これは意外!?年末年始のお仕事体験談

年末年始のパートやアルバイトは高額であることのほかにも、いろいろなメリットがあるようです。

実際に働いた人の意見をまとめてみました!


【体験談1】
「クリスマスケーキの当日販売、寒かったけど、帰りにケーキをもらえました!」

このほかにも、お正月のおせちやおもち、ワインなどをもらえた、寸志ではあるもののお年玉をもらえた、なんて話もあります。

【体験談2】
「昔取った着付けの資格を活かせるのがこの時期。毎年知り合いの美容院で、初詣から成人式まで着付けの仕事を手伝っています」

美容系の資格が生きるのもこの時期ならでは。ネイルやメイク、ヘアセットなども需要が高くなるようです。

【体験談3】
「年賀状の仕分けの仕事は立ちっぱなしで足が痛いけど、それを見越して適度に休憩が入る。さすが郵便局、働く人に優しい職場だった!」

さすが信頼と安定の郵便局。一度は経験してみたいですね。

【体験談4】
「お歳暮のコールセンター。冬休みフルでやったら9万円も稼げて大助かり。来年もまたやるつもり」

うらやましい!家族の理解があれば、こんな冬休みもいいかもしれませんね。

ほかにも「サンタの衣装を着て仕事をするのが意外と楽しかった」「包装スキルが高まった」「仕事を理由に旦那の実家に帰省せずにすんで気が楽だった」など、予想外のメリットがたくさんあるようです。

短期パートのメリット・デメリットと求人の探し方

年末年始の時期だけのお仕事のように、主に3カ月以内の短い期間で契約することを「短期のお仕事」と呼びますが、この「短期」の働き方は、忙しい主婦にぴったり!

1日~数日間のお仕事や、土日のみ、子どもが夏休みの間だけ…というように、家族の予定に合わせながらも、空いた時間を有効利用できるからです。

主婦に人気の短期パートには

◆軽作業系「試食販売員」「年末調整や確定申告の事務スタッフ」「試験監督」
◆事務系「データ入力」「書類チェック」「コールセンター」

などがあります。

特別なスキルは不要で、かつ単調な作業を黙々と数をこなすことが求められるお仕事が多いようです。

単発パートのメリットやデメリットを見てみましょう。


短期パートのメリット

・煩わしい人間関係がない
・給料がすぐにもらえることが多い
・自分の都合最優先で働ける
・採用されやすい

短期パートのデメリット

・深い人間関係は築けない
・年収計算を自分でするのが面倒
・収入が不安定
・仕事探しが面倒


短期パートやアルバイトの、お仕事検索をする際には、雇用期間の項目「短期(1週間以上3か月未満)」にチェックを入れて絞り込みます。

自分の都合を最優先に働きたい場合はメリット、デメリットを考慮した上で、短期という働き方を選ぶと良いでしょう。

 

主婦の短期パートは仕事復帰のリハビリに使える!

また、短期パートには他にもメリットがあるのです。

育児などで長く専業主婦をしてきた人にとって、社会復帰の悩みの種となるのが「ブランク」。

そんな主婦におすすめなのが「短期パート」なんです!復職のリハビリにはもってこいです。

3ヶ月以内の短期パートは、特別なスキルがいらず、すぐに作業に取り組めるお仕事が多いのが特徴。

責任のある仕事や判断が必要になる業務に就くことはまずありません。書類整理やデータ入力など決められた作業を黙々とおこなうことになります。

そのため仕事内容からくるストレスはほとんどなく、「ちゃんと働ける?」「家事と両立できる?」と不安を抱える専業主婦の人が、気軽にチャレンジすることができます。

短期パートをすることで、仕事の感覚を取り戻し、家事や育児と両立できるか判断することができるのです。

短期パートのお仕事は、年末のほかに、年度初めなどの繁忙期に多くなります。

企業と直接契約するパートのほかに、パートタイム派遣という働き方もあります。

自分で探すよりも効率よく仕事の紹介を受けることができるので、ぜひ活用しましょう。

主婦にとってブランクは復職の大きなカベ。

いきなりフルタイムの仕事に挑戦するよりも、まずは短期パートでリハビリをしながらスキルを積むとよいでしょう。

まとめ

年末年始は臨時の出費が気になるシーズン。

毎年の赤字に悩むよりも、いっそのこと年末年始の短期パート・アルバイトで不足分を稼いでしまうという考え方はいかがでしょうか?

求人は早いものなら10月、遅くとも11月中ごろから募集が始まります。

特に人の集まりにくい大晦日と元旦には、お年玉や大入袋といった臨時ボーナスのようなものが支給されるところもあるようですよ♪

まずは求人のチェックから!よい求人があったらぜひともチャレンジしてみてくださいね。

しゅふJOBパートで理想のパートを探す

しゅふJOBパート
しゅふJOBパート

この記事を書いた人

しゅふJOBナビ編集部

twitter

しゅふJOBパート