育児サポートサービスのススメ。その価格や利用法は?

生活

忙しいママにとって、使ってはみたいけどなんとなく敷居が高く感じる育児サポートサービス。

そこで今回は「育児サポートサービス」をテーマに、

・働くママ、利用したいサービスはなに?

・育児サポートサービスの実態1 気になる価格は?

・育児サポートサービスの実態2 体験談

についてご紹介します。

 

働くママ、利用したいサービスはなに?

育児サポートサービスとは、育児や仕事、家事で大変な主婦の方向けに、育児に関するさまざまなサポートを依頼できるサービスです。

まずは働くママたちが利用したい・関心がある育児サポートサービスについて、しゅふJOB総研のレポートを見てみましょう。

 

利用したいサービスのトップ3は、

「家事代行」

「民間学童保育」

「塾などへの送迎」

でした。

一部、コメントを紹介すると

・夕飯の支度・食事宅配サービスを頼みたい

・塾の送迎・ペットの散歩を頼みたい

・学校の後子どもを預かってくれる場所がほしい

といったものがよくみられました。

 

続いて、ママさんたちが自分にも提供できると考えるサービスは何があるでしょうか?

提供できるサービスはの上位2つは、

「塾などへの送迎」

「民間学童保育での勤務」

でした。

コメントを見てみると、

・ママや子どもの相談相手などができる

・昔やっていた塾講師・家庭教師をしたい

といった声が聞かれました。

 

アンケートによれば、大多数の方が「家事代行」、「塾などの送迎」を頼みたいと答え、

提供したいサービスについては「塾などの送迎」、「悩んでいるママさんや子どもの相談相手」というものが多く見られました。

需要が高いものは「家事代行」、需要と供給が釣り合っているのは「塾の送迎」と「民間学童保育」という結果でした。

 

育児サポートサービスの実態1 気になる価格は?

育児サポートサービスについて需要がある、もしくはママさん間での供給が可能となるサービスは

「家事代行」

「民間学童」

「塾などへの送迎」

といったところが、メインどころのようです。

 

では、この3つのサービスについて実際に利用しようとすると、どのくらいの価格になるのでしょうか?

月当たりで試算してみましょう。

 

◎家事代行(1回2時間、月2~3回お願いする場合)

基本料金1時間あたり2000〜3000円程度

延長料金 10分あたり500円程度

スタッフ交通費 1000円程度

その他カギ預かり、指名料など 1000〜1500円(鍵の預かりは、月あたり、指名料は1時間あたりでの目安)

 

1回あたりの合計=7000円程度〜

月換算すると2万円程度が平均になります。

 

◎民間学童(平日の放課後にほぼ毎日預けた場合)

月額利用料 月4~5万円程度(入会金は別途 2~3万円は別)

食事、送迎、習い事などのオプション 1回あたり500〜1000円程度

オプションによりますが、月に4~7万円程度が一つの目安となります。

 

◎塾の送迎(週に1回往復の送迎を頼む場合)

利用料金1時間あたり3700円程度~(待ち時間含む)

2時間で7200円程度

交通費実費別途(子、シッター分)

月に4回頼むとして、合計2万8800円程度となります。

※上記はベビーシッターサービス会社の料金を参考にしています

 

ちなみに、タクシー会社でも子どもの送迎サービス(キッズタクシーなど)を展開しています。

料金は、最初の1時間が6000円前後、その後30分ごとに2500円前後が目安になります。

 

育児サポートサービスの実態2 体験談

家事代行や塾の送迎を頼んだ場合は月に2万円台、民間学童を利用すると4万円ほどかかるようです。共働き家庭だとしても、気軽に出せる金額ではないですよね。

参考のため、育児サポートサービスや家事代行サービスを利用したことがある方の声を聞いてみましょう。

 

◎家事代行

・忙しくて家のことがまったくできないときに数か月利用。家が片付くし、整理しやすいように収納を工夫してくれたので今でも助かっている。

・作り置きおかずを作ってもらうサービスを利用。たったの3時間で本当に1週間分のおかずを作ってくれて感激。今も定期的に頼んでいる。

 

◎民間学童

・公立の学童が定員で入れず、数年間お世話になった。設備が充実、スマホで定期的に状況を知らせてくれたりカメラで動画を送ってくれたりと安心感があった。

・英語のクラスを一緒にお願いしていた。別に習い事をさせるより良かったのではないかと思う。

 

◎塾の送迎

・家から塾へ送るだけお願いし、迎えは自分で行くことにしたので30分のスポット利用で安く済んだ。

・いつも同じ人でないと子どもが警戒してしまうので、1カ月先まで予約を入れるようにしていたので、逆に辞め時が難しかった。

 

 

働くママは、夕方仕事から帰ってからの家事が大変です。

時間が足りないという状況は特にこの時間帯に集中しがち。

きつくなってきたら、一時的でもよいので育児サポートサービスの利用も視野に入れてみると良いでしょう。

また、需要があれば働きたいという方は、この時間帯に労働力を提供してあげるとよいかも。

育児サポートサービスは、ホームページのほか、会社の福利厚生サービス、生協などから気軽に申し込めるものもあります。

お試し期間がある会社もありますので、気になる情報があればストックしておくとよいでしょう。

 

しゅふJOBパートで理想のパートを探す

ご自宅を中心にすきま時間でプチ仕事!しゅふJOBのご近所ワーク

しゅふJOBパート

悩ましい子どもの「遊び食べ」どう対処する?

やっと解禁!乳児用液体ミルクのメリット・デメリット