ミステリーショッパー(覆面調査)の仕事内容と探し方は?

仕事

この記事は約4分で読めます

「エステに覆面調査に行ったら、施術代がタダ!?」
「サービスを受けて、本当にお金がもらえるの?」

このように不思議な印象がある「覆面調査員=ミステリーショッパー」

そこで今回は、
・ミステリーショッパーのお仕事内容とは?
・ミステリーショッパーのお仕事のメリットとデメリットは?
・お仕事を探すなら求人サイトを活用しよう!
の3点から、覆面調査員のお仕事について、ご紹介します。

 

ミステリーショッパーのお仕事内容とは?

近年導入する企業が増えているミステリーショッパー。
一体どのようなお仕事なのでしょうか?


◆対象となることが多いサービスやお店は?
エステ/飲食店/保険代理店/ドラッグストア/スマホショップ/コールセンター
などが多いです。

◆仕事内容
お客を装って指定された店舗に行き、
接客態度や商品・サービス内容などをチェックして、
レポートにまとめて提出する。

→実際にお店に行って食事をする、商品を買う、
エステなどのサービスを受けるというものや、
保険のように説明を聞く、コールセンターに電話をして質問をするなど、
様々な種類があります。


ミステリーショッパーの導入は企業にとって、
一般消費者の目線で、店舗に潜んでいる
「問題点・改善点」を見つけてもらうことができたり、
お客様の生の声を拾うことができるなど、多くのメリットがあるのです。

実際に、顧客数や客単価の改善がみられた!
新しいサービスの開発につながった!
組織力がアップした!
という企業もあるそうです。

 

ミステリーショッパーのお仕事のメリットとデメリットは?

次に、このお仕事のメリットとデメリットをご紹介します。


◆メリット
・面接に行く必要がないことが多い
→スマホから登録し、事前の注意事項も
オンライン上で完結することが多いようです。

・スキマ時間を活用できる
→仕事に行く時間も自由に選べることが多いため
子育てをしながらでも始めやすいのは嬉しいですね。

・仕事内容も自由に選べる
→エステに興味ある人は、エステ店のミステリーショッパーのお仕事を、
食べるのが好きな人は、飲食店のミステリーショッパーのお仕事を
選ぶことができます。

 

◆デメリット
・ミステリーショッパーとバレてはいけない
→あくまで「覆面」調査員であるため、
店内をいろいろチェックしていることを気付かれてはいけません。
そのためメモを取ることも一苦労!

・報酬が決して高いとは言えない
→謝礼として受け取るお金は、
食事代や商品購入代が差し引かれた金額であるため、
「商品・サービスを無料で試すことができた」
程度で終わることも多いようです。

・仕事の後、商品やサービスの勧誘を受ける場合がある
→保険など、商品の購入前の説明を聞きに行くという場合は、
仕事の後、何度か申し込みを促す電話がかかってくることもあるようです。

 

お仕事を探すなら求人サイトを活用しよう!

このお仕事を見つけようと思ったら、
しゅふJOBパート」などの求人サイトを活用しましょう。


【求人サイトを活用すべき理由】

ミステリーショッパーのお仕事は、
調査会社が仕切っていることが多く、
飲食やアパレルなど専門性を持った調査会社もあります。

調査内容は、この調査会社と依頼者である企業とで
相談しながら決まっていきます。

ミステリーショッパーのお仕事で気を付けないといけないのは、
面接に行く機会がないので、
調査会社がどのような会社か確かめる機会がないということです。

せっかく調査に行って、きちんとレポートを送っても、
お金が振り込まれなかったというケースも中にはあります。


一方できちんとした求人サイトに掲載されている案件の場合、

求人サイト運営会社が掲載前に事業実態等をチェックしていることが多いので、
比較的安心して選ぶことができます。

また、求人サイトを活用することによって
地域やこだわり条件なども設定して効率よく選ぶことができます。


他にも企業のホームページを見るなど、
できるだけ情報を集めてからお仕事を始めましょう。

 

まとめ

ミステリーショッパーは多く稼げる仕事ではないですが、
好きな時に、好きなことができるというメリットがあります。

調査やレポートが好きな人、
人知れず仕事をしているドキドキ感が好きな人、
フットワークの軽い人には魅力的なお仕事です。

まずは、求人サイトでお仕事を探してみて、
カンタンにできそうなところから始めてみましょう。

 

東京のミステリーショッパーの求人を「しゅふJOBパート」で探す

 

主婦に人気のお仕事!「ラウンダー」の魅力って?

しゅふJOBパート

ブラックパートの実態と見極め方

パートで時間、休み、服装の自由がある職場で働くには?