パートで時間、休み、服装の自由がある職場で働くには?

仕事

この記事は約4分で読めます

「子どもが長期休みの間は家にいたい、けど隙間時間には働いて稼ぎたい」
「いつでも休みが取りやすい職場で働きたい!」

このようにパートの勤務条件に、制限が出る主婦は多いもの。

そんなパート主婦達が職場に求めるものは、「時間、休み、服装の自由」

そこで今回は、
・働く時間を選びやすいお仕事は?
・服装、髪型が自由ではない職場で働く主婦の悩みとは?
・休みの融通が利く職場で働く主婦の声!
の3つをご紹介します。

 

働く時間を選びやすいお仕事は?

働ける時間が制限されやすい主婦にとって、
働く時間を選べることは一番の魅力です。

そこで働く時間を選びやすいお仕事をご紹介します。


◆飲食店のホールスタッフ
平日の昼間だけの数時間働きたい!という人におすすめ。
ファミリーレストランや定食屋さんなど、
昼間の飲食業は時間の融通が利くお仕事の代表格です。


◆販売業

コンビニ、スーパー、ドラッグストアのレジは、
短時間のシフトから入れるため、主婦におすすめのパートです。


◆コールセンター

数時間からのシフトで働くことができる職場が多いコールセンター。
長時間働く時間が取りにくい主婦にとって大助かりです。

 

◆軽作業
1日3交代、早朝シフトなど、短時間勤務の所が多いです。
また、土日休みが多いことも魅力ですね。


他にもシフト制のお仕事を探せば、
時間の自由度が高いパートはたくさんあります。

服装、髪型が自由じゃない職場で働く主婦の悩みとは?

日々、時間に追われる主婦にとって、
服装や髪型が自由な職場は、普段の格好で仕事ができ、
支度の時間が減らせ、家に帰ってすぐ家事ができるなど、
多くのメリットがあります。

一方で「自由ではない」職場で働く主婦には、
以下のような悩みや不満があるようです。


◆朝の身支度に時間がかかる
「スーツ着用を義務付けられている職場なのですが、
どうしても着替えの時間がかかります。」

他にも、服に合わせてメイクや髪型を整える必要がある職場も。
朝が忙しい主婦には厳しいものがあります。

◆制服が似合わない・・・
「もういい年なのに、若い子向けのデザインの制服を着なくてはならない」

パート先に制服がある場合、
自分に似合わないデザインのものを着るのに抵抗があるという人もいます。
また職場に服のサイズを知られるのは嫌という方も。

◆髪型やネイル、メイクを変える必要が!?
「結婚前から染めていた茶髪を、黒髪に戻すようにと指示を受けた
「趣味のネイルを諦めることになってしまった」

長く務めるお仕事ではない場合、特にこのような悩みは大きくなるようです。

 

休みの融通が利く職場で働く主婦の声!

家族の予定が中心となる主婦にとって、
休みの融通が利きやすい職場は嬉しいもの。

休みの融通が利きやすい職場に勤めている主婦の生の声を、
職種とともにご紹介します。


職種:コールセンター
「十数人のパートがいるので休みたいと言えばすぐに休める、
シフトを申請しておけば、長い休みを取ることも可能。」


職種:ファミレスホール

「入る日だけを申請すればよいシフト制。
事前にわかってる予定や用事があるときは、
最初からシフトを入れないという選択肢も取れる」


職種:入力事務

「休みたい日は休んでOKと面接時から言われているので、
急な休みも申請を出せば取ることができる。
その分の日給は減るけど、そこは仕方がない」


職種:スーパーのレジ

「急な休みでも、同僚がヘルプに入ってくれるので安心。
その代わり同僚が休むときはできるだけ助けるようにしています。」


休みの融通が利く人たちは、
同僚のパートたちとフォローしあって、
うまくシフトを回している場合が多いようです。

急な休みを取った場合は、助けてくれた同僚や仲間たちに、
感謝の気持ちを忘れないようにしたいものです。

 

まとめ

時間と休みと服装の自由の有無は、
気が張っている最初のうちは気にならなくても、
長く勤めていくうちに意外と気になってくるものです。

もし、同じような条件で気になっている求人があったとしたら、
ぜひこの自由の有無に注目してみると良いでしょう。

長い目で見ると「自由でよかった!」
と思わせてくれる条件になるはずですよ。

 

東京でお休みが取りやすい職場を「しゅふJOBパート」で探す

パートを選ぶ時の主婦の人気条件ランキング!

しゅふJOBパート

ミステリーショッパー(覆面調査)の仕事内容と探し方は?

退職挨拶のポイントと出勤最終日の過ごし方は?