忙しいパートママにもぴったり! 記事作成のお仕事

仕事

オンラインで情報がいち早く見られる時代。

そのため記事作成のニーズも急上昇中です。

在宅でできる場合も多く、パートの副業や、家事や子育ての合間に仕事をしたい主婦にうってつけです。

そこで今回は、

・在宅ライターのお仕事って?

・在宅ライターのやりがいと大変さ

・在宅ライターになるにはどうしたらいい?

について掘り下げます。

 

在宅ライターのお仕事ってどんなことをするの?

スマホの普及により、webサイトで情報を入手する人が多くなりました。

Webサイトの記事は、早さと情報量が命です。

そのため時流に合った記事を素早く大量に制作する必要があります。

 

テーマごとに記事をまとめて更新するキュレーションマガジンといったwebメディアもたくさん台頭してきました。

そんな動きもあり、在宅ライターのニーズは高まる一方です。

 

在宅ライターの仕事は大きく分けて単純な記事作成と、専門知識や経験を生かし、特定のテーマの情報をまとめて発信キュレーターがあります。

 

では、在宅ライターの仕事について、Q&Aをご紹介しましょう。

 

Q.1 未経験でもできる?

A.1 未経験者でもできます。

 

Q.2 どのくらい稼げる?

A.2  記事の文字量やまとめる量、画像の有無にもよりますが、

だいたい1記事数百円~数千円が相場です。

記事作成をメインの仕事として毎日集中して行っている人の中には、

月収20万近く稼ぐ人もいます。

 

Q.3 求められるスキルは?

A.3  基本的な文章作成能力と構成力は最低限必要になります。

著作権、引用などに関する知識があればなお可。

 

Q.4 狙い目の記事制作は?

A.4 恋愛、仕事、介護、病気克服などの体験系や、

学校、育児などのママさんネタはニーズが高い分野です。

映画、本やサブカルチャー系は、

まとめサイトで求められることが多い分野です。

 

在宅ライターのやりがいと大変さ

それでは、在宅ライターの実情はどうなのでしょうか?

実際に在宅ライターをしている人の生の声を聞いてみましょう。

 

仕事内容について

・主婦業とパートの合間に毎日少しずつ記事作成をしています。

収入は月に数万程度、お小遣い稼ぎには、ちょうどいいですね。

 

・記事のテーマや内容、文字数を受けてから記事作成をするので、

なじみがないテーマや体験談などの場合は辞退することもあります。

 

・かなりの量をこなさないと思ったほど稼げません。

文章を書くのが遅い人、嫌いな人には向いていないかも。

 

・長文を書くのでパソコンは必須。

できればオフィス系のソフトもあったほうがいいので、もともとの環境が揃っていないとイチからそろえなければならず、厳しい。

 

やりがい・メリット

・最初の頃より文章力が上がったと思う。

学校のPTAやマンションの理事会など他のシーンでの文章提出が苦じゃなくなった。

 

・記事の依頼によっては不得意な分野もあるが、調べたりするうちにあまり知らなかった世界の知識を得られる。

 

在宅ライターを始めるには、文章を書くのが苦でないこと、記事を書く環境がある程度整っていることが必要のようです。

数万単位でまとまった金額を稼ごうとすると、在宅でもかなりの時間を割くことになるようです。

 

在宅ライターになるにはどうしたらいい?

向き不向きや、大変なこともあるようですが、通勤いらず、パソコンで文章を書くのが好きな人ならぜひやってみたい在宅ライターのお仕事。

在宅ライターになるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

主な流れは以下の通りです。

 

★ネットなどで求人を探す

★応募

★発注者から依頼を受ける

★納品

 

基本的に在宅ライターのお仕事にパート採用のような対面面接はありません。履歴書の提出も不要なケースが多いようです。

応募の際に指定された情報を入力すればOKのようです。

ただし、良質の記事を納品してもらうために、発注者側から応募の時点でテストがある場合もあります。

また、ある程度の実績を積むまでは、納品した文章に何度か修正が入る場合もあります。

最初のうちは数をこなして稼ごうとせず、根気よく文章作成に集中する必要があります。

 

在宅ライターの仕事探しの方法は、ネットで検索するのが一番近道です。

求人サイトやクラウドソーシングのサイトにもありますが、web制作を行っている企業が直接募集を行っている案件も少なくないのと、比較的そちらのほうが原稿料も高めなのでオススメです。

興味がある方は、いろいろ検索して探してみてください。

 

 

在宅ライターのお仕事は、いきなり高収入を得られる、というものではありません。

コツコツと経験を積み、だんだん仕事を増やしていくものです。

仕事量も依頼件数によりますし、毎月安定しているとは言えません。

同じ時間働くとしたら、コンビニパートのほうが収入は高い、というパターンは珍しくないようです。

とはいえ机一つ、パソコン一台で収入が得られるのは大きな魅力。

文章が好き、空き時間を有効活用できる。気長に続けられる。

そんな人におすすめです。

 

しゅふJOBパートで理想のパートを探す

しゅふJOBパート

子どもをやる気にさせる声かけ術

賢いママなら押さえておきたい 保険の種類と基礎知識