小学生児童を見守るお仕事! 学童パートのお仕事の魅力

仕事

子ども好きな人に人気の学童パートのお仕事。

元気な子どもとのお仕事は、楽しさも大きい分、体力が必要という声も。

今回は「学童のお仕事」をテーマに

・保育士と違う? 学童のお仕事内容

・学童のお仕事の魅力・やりがい・大変さは?

・学童のお仕事を始めるにはどうしたらいい?

などを紹介します。

 

保育士と違う?学童のお仕事内容

学童とは、学童保育の略。 主に日中、保護者が家にいない小学生児童(=学童)を対象に、放課後や夏休みなどに適切な遊びや生活の場を与え、健全な保育をおこなう施設です。

共働き家庭が利用することが多く、保育園から小学校に上がったときに利用を始めるケースが多いのが特徴。

 

では、学童のお仕事とは具体的にどのようなことをするのでしょうか?

保育士のお仕事とは違うのでしょうか?

まずは、学童の一日から。

 

<平日の例>

朝10時ごろ 社員出勤

昼 1時ごろ 指導員補助出勤

2~3時ごろ 学校を終えた子どもたちが集まってくる

3~5時ごろ 集団遊び、学習サポート、おやつなど

5~7時ごろ 子どもたちがそれぞれ帰宅

7~8時ごろ 清掃、活動報告作成などをおこない閉所

 

保育園の保育士さんとの大きな違いは出勤時間。

朝は比較的ゆっくり出勤する人が多いようです。

例えば、指導員補助パートだと、出勤は午後からの場合も。

ただし、夏休みや土曜日など、一日保育の日は朝からになります。

 

また、保育といっても小学生になれば、カードゲームやドッジボールなど、

大人と一緒に遊ぶことができる年代です。

そのため遊び方や接し方も保育園のそれとは大きく異なります。

 

マンガ絵が描ける、楽器ができるなどの特技があれば、レクリエーションの際に特に喜ばれます。

 

学童のお仕事の魅力・やりがい・大変さは?

学童のお仕事に向いている人、やりがいや大変さはどんなことがあるのでしょうか?

実際に働いたことのある人の声を聞いてみました。

 

〇自分の子どもが通う学童の指導員補助として働いていたことがあります。子どもの面倒を見ながらお給料も稼げるので、一石二鳥の職場でした。

〇保育園の保育士補助を長くやってきましたが、園全体が若い保育士さんに代替わりしたことをきっかけに学童のパートに応募。体力が心配でしたが短時間の勤務なので大丈夫でした。

〇子どもとはいえ会話が成り立つ世代相手のお仕事は、流行っているアニメや歌などを知ることができるし、ボードゲームや百人一首で遊んだり、単純に面白かったです。

〇夏休みの一日保育は大変でした。元気な子どもたちに付き合って公園や水遊び…。夕方にはグッタリ。日焼けもしました。

〇保育園に比べて指導員の数が少ないので、急な休みを取るのが難しい。体調不良のときなどシフトの交換が大変。

〇保育士の資格を持っている人が有利な仕事なので、資格を持っていないと将来的に長く続けられるか不安がある。

 

学童のお仕事は体力的には大変ですが、子どもと楽しく遊べるのが魅力のようです。

 

学童のお仕事を始めるにはどうしたらいい?

パートで学童のお仕事をするのに特別な資格は必要ありません。

 

ただし2015年から、学童には必ず専門資格を持った「放課後児童支援員」が常時1人以上いることが義務付けられました。

 

ちなみに、「放課後児童支援員」になるためには、

・保育士・社会福祉士・教員資格のいずれかを持っている

・高卒以上で、2年以上児童福祉事業に従事した方

・大学で該当する課程を履修し卒業している、もしくは大学院生の方

のいずれかの条件をクリアし、都道府県の研修を受ける必要があります。

 

そのため、正規職員になる場合、これまで以上に保育士や教員資格を持っている人が有利になることが予想されています。

 

ただ、パートで指導員補助を担う場合は、資格をもっていなくても問題ありません。

また、そのまま2年以上勤務すれば「放課後児童支援員」への道も開けます。

 

学童の求人は公立の場合、市区町村のホームページなどに随時掲載されます。

民間学童の場合はホームページや求人情報で確認することができます。

勤務時間や休日が施設によってさまざまなので、平日午後からの勤務、夏休みだけの短期募集など、都合が合えば主婦にとって働きやすいお仕事です。

 

 

学童の指導員のお仕事現場は保育園や幼稚園と違い、友人や親せきのような感じでとてもフランクです。

「先生」ではなく、〇〇さんと呼ばれたり、ニックネームで呼ばれたりします。子どもと楽しく遊んだり、学習の声かけがメインの仕事なので、赤ちゃんよりもコミュニケーションが取れる子ども相手のほうがいい、と感じる人は学童のほうが向いているでしょう。

新学期前や夏休みなど長いお休みの前は、求人も増えるので狙い目です。

子どもと過ごす時間が好きなママ、ぜひ学童のお仕事をはじめてみませんか?

 

しゅふJOBパートで「学童」のパートを探す

しゅふJOBパート

頭がイタイ!魔の2歳児、イヤイヤ期の向き合い方は?

ちゃんと作れないと成長に悪影響?教育と食事の関係