パート面接、嬉しかった・びっくりしたエピソードは?

仕事

面接がどうしても苦手という声はよく耳にします。

確かに緊張するシーンですが、

考えようによっては、面識のない方と話ができる貴重なチャンス。

そこで今回は「面接面白エピソード」と題して

・嬉しかった即採用!メリット・デメリットは?

・OKだと助かる…子連れ面接はあり?なし?

・面接官の一流?対応エピソード

をご紹介します。

 

嬉しかった即採用! メリット・デメリットは?

パートやアルバイトの面接で結構あるのが即日採用になるケースです。

面接の最中「じゃあいつから来られる?」と、その場で出勤日が決まったり、

家についたらPCに「採用のお知らせ」がもう届いていたり。

 

アッサリ決まって拍子抜け感も否めないかもしれませんが、

不採用より良い話なのは間違いありません。

それでもメリット・デメリットはあるようです。

 

即日採用のメリット

・次以降の面接を受けなくて済む

・すぐに仕事に入ることができ、収入確保までのタイムロスがなくなる

 

即日採用のデメリット

・断るタイミングを失いがち

・実は本命バイトの結果待ちをしている

・前職にまだついており、すぐにシフトに入れない

 

即日採用の最大のメリットは、今現在無職の場合、すぐに働き出せるということ。

子育てママは、園や学童に勤務証明を出さなければいけない都合上、タイミングによっては大きな得をすることもあります。

 

デメリットは「すぐに来て」と、言われて応えるのが困難であったり、調整に苦労する状況にある場合。

在職中や、ほかにも面接を受けているときなどは会社側の希望日から働けず、採用自体を取り逃すケースもあります。

 

OKだと助かる!? 子連れ面接はあり? それとも、なし?

最近はママの採用に力を入れている企業が増え、子連れOKの面接というものまで現れました。

 

オフィスワークの求人などではあまり見られませんが、美容院やエステ、マッサージ店など個人経営の店やサービス業では子連れでの面接OKなところは、結構あるようです。

 

また、募集の広告で「子連れ面接OK」としっかり書いてあるところなら問題なし。

時間も配慮してくれて嬉しかったという声も。

 

だからといって別に子連れ通勤OKというわけではありません。

また、お子さんの面接をするわけでもないので、

あくまで採用面接だということをわきまえて臨みましょう。

 

なお、子連れOKの面接でも、事前に子連れでいくことを伝えておく気遣いが大切です。

 

他にも変わった面接としては「友達同士での応募OK」などがあります。

言葉だけ見ると学生が応募しそうな雰囲気がありますが、もちろんママ友でもOK。

複数人を一挙に雇う大量募集の求人などではこのケースが見られます。

実際の面接は一人ずつ順番におこなうことが多いようですが、久しぶりのお勤めや、面接が苦手な人にとっては心強いかもしれませんね。

 

面接官の一流? 対応エピソード

「面接」は、言いかえれば出会いの場。

求人の為とはいえ、初対面の人間が住所や年齢、長所や特技などをさらけ出さなければならない機会は、面接のほかには、そうそうありません。

 

そんな特別な環境下ですから、できる面接官はナチュラルに応募者の力量を見抜くトークを会話の中に差し込んできます。

これはすごい!と感じるエピソードをいくつかご紹介しましょう。

 

・面接の日程を変えてもらったとき「君が時間の変更を申し入れた人だね」と、冒頭に言われた。

後で聞いたら、そこでお礼を言える人材かどうか試したそう。

 

・履歴書について、ここはこう書いた方がいいなど、その場でアドバイスしてくれた。たぶん職種が合っていなかったんだろう、当然不採用になったがその時のアドバイスは後々とてもためになっている。

 

・高圧的な面接官で、結構な圧迫面接?と、感じたが、採用されてからその面接官だった上司がとても天然だった。面接ではかなり無理をしていたそう。

 

面接は人の力量を見抜く大事な場。

そのため面接官も気合を入れて臨んでいます。

ときには厳しいこともありますが、逆に心がほっこりするようなエピソードも少なくないようです。

 

 

面接が苦手、という人は少なくないと思いますが、面接官といえども就業時間を終えれば普通の人。

面接する方に負けず劣らず緊張だってしています。

そのため緊張感だけでなく、気を遣ってもらえて嬉しかった、と思えるほっこり面接エピソードもけっこうあります。

終わってみれば面接官も普通の人、そう考えると遅刻や無礼な態度などがいかに面接で不利になるかわかりますね。

人と人とのコミュニケーションを前提に、気を張りすぎない。

これが面接で緊張しすぎないための極意かもしれません。

 

しゅふJOBパートで理想のパートを探す

しゅふJOBパート

何歳まで働く? 働く女性の本音

グローバル人材に育つ!? インターナショナルスクールについて考えた