はたらく知識

主婦に人気の仕事はコレ!【人気のパートランキング&おすすめの職種】

更新日:

働き方

パートをするなら何がいいの?という疑問がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

プライベートと両立をするために「短時間」「残業ナシ」「家から近い」……

こんな条件を重視してパートを探す主婦は多いもの。

そんな「主婦に人気のお仕事」とは、いったいどの職種なのでしょうか?

子どもや家庭の都合でお休み相談OK!主婦が働きやすい職場のお仕事を見てみる|しゅふJOB

発表!\主婦が選ぶ、人気のパートランキング/

主婦向けサイト別に、主婦が選ぶ人気のパートの職種ランキングをご紹介!いたします!

結果は、以下のようになりました。


【マイナビウーマン 子育て】

1位 事務スタッフ
2位 コンビニスタッフ
3位 飲食店
4位 軽作業員
5位 受付・医療事務

 

【an】

1位 事務スタッフ
2位 レストランスタッフ
3位 軽作業ワーク
4位 コンビニ・スーパースタッフ
5位 受付・医療事務

 

【タウンワーク】

1位 一般事務
2位 工場・倉庫内作業(棚卸・検品等)
3位 カフェ・喫茶店
4位 食品製造・販売
5位 コールセンター

 

【イーアイデム】

1位 事務スタッフ
2位 飲食店スタッフ
3位 スーパーのスタッフ
4位 軽作業スタッフ
5位 医療事務スタッフ

 

【しゅふJOB】

1位 事務スタッフ   (70%)
2位 小売り・販売スタッフ(23%)
3位 軽作業スタッフ  (21%)
4位 飲食店スタッフ  (16%)
5位 医療・看護・看護系(13%)

 


すべてのサイトで「事務スタッフ」が1位という結果になりました。

事務仕事にやや近いものとして、コールセンターや受付、医療事務のお仕事も多く選ばれています。

また、コンビニやスーパーといった「販売業、飲食店のスタッフ」、倉庫での仕分けや組み立て作業を行う「軽作業スタッフ」も、パートのお仕事として定番のようです。

手前味噌にはなりますが、しゅふJOBでは、家庭のことも大切にしつつ仕事をしたい方向けの条件・職種のお仕事が多く掲載されています。

そのため、アンケートに回答してくださったしゅふJOBの登録者の方が、事務職や販売など柔軟な働き方がしやすい職場のパートを希望しているという回答が多いのも、うなずけます。

事務のお仕事をしゅふJOBで見てみる

 

主婦に人気のパート、それぞれの人気の理由は?

ランキングに入っているお仕事は、なぜ主婦に選ばれるのでしょうか?

人気の理由を主婦の声と合わせてまとめました。


一般事務、コールセンター

「土日休みだから、プライベートの予定が立てやすい」

「空調の利いた部屋で座り仕事は体がラク」

一般事務の魅力は土日祝日の決まった休み。

土日に子どもを預けてまで出社するのは難しいというお母さんに特に人気のようです。

どんな方におすすめ?

一般事務・コールセンターのお仕事は、パソコンを使ってのデータ入力が得意な人に特におすすめできます。現場での作業よりも、オフィスで仕事をしたいという人にも向いています。また大前提、コミュニケーションにストレスを感じにくいことも大切です。

多くのことに気を配らなければならない反面、肉体的にはきつい仕事ではない場合が多いので、体力に自信のない人でも比較的働きやすいのではないでしょうか。

長期間働いてくれる人を希望している企業が多く、安定した収入を求める人にもおすすめと言えるでしょう。

コンビニやスーパー、飲食店のスタッフ

「家から近いので通勤時間がほとんどない!服装も自由」

「10時~13時など、時短のシフトが選べて便利」

短時間で働きたい、かつ近場で働きたい、という人にはうってつけなお仕事。

ただし、平日の昼間や時短のシフトは、奪い合いになることもあるようです。

どんな方におすすめ?

コンビニや飲食店はいろいろな場所にたくさんあるので、自宅の近所で働きたい人にとっておすすめです。

シフト制で短時間からでも働ける場合が多いため、時期によって勤務時間が頻繁に変わる人でも働きやすいでしょう。

接客が好きな人であれば、飲食店のホールスタッフがおすすめです。未経験者でもマニュアルや先輩スタッフのサポートがあるので、すぐに仕事を覚えることができます。

パソコンを使った事務作業などが苦手だという人でも安心して働けるはずです。

軽作業スタッフ

「単純作業が楽しい。主婦が多いので人間関係も気楽」

「お弁当を持参しやすいし、通勤着も自由なので節約になる」

「スタッフがたくさんいるので休みやすい」

軽作業パートは、同じ仕事をしている人が複数いるので平日に休みやすく、学校行事や子どもの病気などで助かるようです。

どんな方におすすめ?軽作業スタッフ

倉庫や工場内で検品や仕分け等の作業をするので、軽く体を動かしながら作業するのが好きな人に向いています。

作業自体は簡単なものが多く、自分なりの工夫をしながら効率良く作業を進めることが好きな人におすすめです。

それほど他人とのコミュニケーションを要求されない作業が多いので、対人関係に自信のない人にも向いています。

短期での募集が多いのもメリットで、子どもがまだ小さく変動的なスケジュールになりがちな人にもおすすめです。

 

パート選びの手順とは?何から始めるべき?

パートを選ぶ際に、自分にできそうな仕事を何となく検索していませんか?

行き当たりばったりで仕事を選んでいると、仕事探しに時間がかかったり、モチベーションが下がったりと良い結果につながりません。

そこで本項では、仕事探しをどのように進めていけば良いのか、その手順について解説いたします。

 

働く目的を明確にする

何のために仕事をするのか、それを最初に明確化しなければ仕事探しは始まりません。仕事をする目的をはっきりさせるだけで、探すべき仕事の選択肢が絞り込まれていきます。

あなたは何のために仕事をしようと考えているのでしょうか?次のように大まかに設定するだけで良いのです。

 

・子どもの教育資金を貯めたい

・暇な時間を有効に使いたい

・家庭以外の世界ともつながりたい

 

まずは、自分なりの働く理由を見つめ直してみましょう。

 

働く時間を決める

自分なりに働く目的を明確化できれば、働く時間もある程度は決まってくるはずです。家事や育児の時間との兼ね合いから、どれくらいの時間を仕事に割くことができるかを決めていきましょう。

目標とする収入額が大きければ、多少の無理をしても働く時間は長めになるでしょう。また、空いている時間を有効に使いたいのであれば、働く時間の長さよりもいかに自分の都合の良い時間で働けるかを重視する必要があります。

 

働く場所を決める

自分に合った仕事を探す際には、働く場所を決めることも大切なポイントとなります。

効率良く稼ぐためには、自宅や子どもの保育園などの近くで仕事をしたいという方は多いでしょう。しかし、時給の良いパートが遠い場所にしか見つからないという場合もあります。

その他、近所の人に働いている姿を見られるのを避けるために、自宅から離れた場所で働きたい人などもいます。

通勤にかかる時間や交通費などを考慮して、どこで働くのが自分にとって最も望ましいのかを考えてみましょう。

育児や介護の手伝いをしてくれる人がいないなど、自宅を離れることが難しい場合には、在宅ワークも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

自分の適性を考える

自分の性格や経験、得意なこと・不得意なことなどいわゆる適性を考慮して仕事を探すことも重要です。

例えば、他人とのコミュニケーションを取ることが好きか、一人で黙々と作業を進めるのが好きかによって、選ぶべき職場は違ってくるでしょう。

時給や勤務の利便性は良くても、自分の適性に合っていない仕事を選んでしまうとストレスが溜まり長続きしません。

気持ちよく仕事を続けていくために、自分の好きなことと嫌いなこと、できることとできないことなどは、仕事選びの前に見極めておきましょう。

 

仕事内容を考える

働く目的や勤務したい時間と場所、自分の適性などが定まったあとは仕事内容を考えましょう。

仕事内容以外の条件を先に明確にしておくことで、選ぶべき仕事はかなりの程度まで絞り込まれているはずです。

次のような例を考えてみましょう。

 

・子どもが塾に通うため月に5万円ほど稼ぎたい

・月5万円稼ぐには、週3日で1日4時間ほど働ければ良い

・できるだけ通勤に時間をかけたくない

・体を動かす仕事が好きである

 

上記のような条件であれば、自宅近くの小売店での販売スタッフや、倉庫内での軽作業などが候補になるでしょう。

 

お仕事を検索する

自分に合った人気のパートを探すならば、以下のような「パートに特化した求人サイト」を利用するのをおすすめします。

しゅふJOB

パートバイトル

 

ここまでの手順で絞り込んだ条件を元に、実際にどのような仕事がヒットするか検索してみましょう。

希望する条件を全て満たす仕事が見つからない場合は、妥協できる条件で再度検索し、気になったものは「お気に入り登録」をしておくと便利です。

すぐに条件変更をせず粘り強く探すことで、希望する仕事に出会う可能性はアップするでしょう。

 

 

いい仕事がいくつかあったら?「複数応募」をしよう!

主婦向けの求人を多く扱う「しゅふJOB」の調査によると、採用が決まっている人は平均「3.8応募」していることがわかっています。

「でも、年齢によって違うんじゃない?」という声も聞こえてきそうですね。

実は、30代でも、40代でも、50代でも、採用率は同じ「24%」。年齢はあまり関係ないようです。

採用が決まっている人=平均3.8応募している!ということは、4応募したら仕事が決まるかもしれない?!という面はたしかにあります。

ただし、複数応募にはメリット・デメリットがあるのでお気を付けください。一部をご紹介しましょう。


メリット

・お仕事を早く決められる

・求人を比較検討できる

デメリット

・面接の日程調整が必要になる

・いくつか内定がもらえた場合、お断りが必要になる


面接の日程調整にはコツが必要になりますが、パートの就活は早く終われば早く終わるほど負担も少ないもの。

早くお仕事が決定するメリットには代えがたいものがあります。

下記に、複数応募をするときのコツをまとめています。ぜひ参考になさってみてくださいね。

パートを選ぶ際の注意点

履歴書_しゅふJOBナビ

仕事のブランクが長い方は、パートを選ぶときに不安に感じてしまうことがあるのも無理はありません。

しかしパート選びの注意点を押さえておけば、余計な心配をすることなく、自分に合った仕事を選ぶことができるはずです。

①条件にはしっかりこだわろう

仕事選びの際にどんな条件を重視するかは、状況や環境によって人それぞれです。

勤務する場所や時間・時給・職場環境など、自分が希望する条件を整理し、優先順位をはっきりさせておきましょう。

条件を整理していても、すべての条件を満たす仕事がなかなか見つからないということもよくあります。
しかし、自分にとっての優先順位の高い条件に関しては、簡単に妥協しないことも大切です。

検索してヒットした仕事をとりあえず選ぶのではなく、希望の条件に最も近いものから優先して応募することをおすすめします。

焦って希望の条件に合わない仕事を選んでしまうと、精神的な負担も大きくなり、仕事を継続するのが難しくなってしまうかもしれません。

②「無資格・実務経験なし」でも諦めない

資格や実務経験がないからという理由で、自分にできる仕事なんて見つからないのではという不安を感じることもあるかもしれません。

しかし自分の強みを上手に訴えることができれば、面接で好印象を与えることは十分に可能です。資格・実務経験がないことで諦める必要はまったくありません。

たとえ世間に認められている資格を持っていないとしても、仕事に活かせる特技や特性・人柄などはたくさんあります。

たくさんの資格を持っていることよりも大切なのは、その職場にとってあなたが貢献できる人なのかどうかです。

まじめさや性格の明るさ、集中力やポジティブ思考など、職場にとってどのような貢献ができるかを考えて自己アピールしましょう。

③事前に働ける環境づくりをしよう

パートを選ぶ以前に、働くための環境を整えておくことも重要です。

子どもが小さい場合には保育園や託児所に預ける必要がありますし、小学生の場合には学童保育の利用などをしなくてはなりません。

子どもを預ける時間が決まれば、いつ何時間くらい働くことができるかが明確になります。働ける時間が決まれば、希望の仕事をしぼり込むことができるでしょう。

また仕事をするための環境づくりには、家族や友人・知人と信頼関係を作っておくことも重要です。緊急時に助け合うことができる人がいれば、安心して働くことができます。

急な仕事や残業などが入ってしまったときに、子どもを預かってくれる人や送迎をしてくれる人がいれば、パート選びの幅も大きく広がるはずです。

④扶養に関して確認をしよう

扶養に関する制度を確認しておくと、配偶者控除や配偶者特別控除を受けて、節税をすることもできるでしょう。

「103万円の壁」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。配偶者の年収が103万円以下の場合には最大38万円の配偶者控除を受けることができます。

つまり配偶者控除を受けるためには、年収を103万円以下に抑える必要があるということです。年収が103万円を少し超えそうなら、調整した方が税金の面でお得と言えるでしょう。

扶養に入ることを考えず、正社員として働いた方が自分にとってメリットが大きいと考える人もいます。目指す収入額や働き方とともに、扶養の制度について事前に確認しておくことが重要です。

 

まとめ

子どもの有無や年齢などの家庭状況によって「勤務時間」「休みを取りやすいかどうか?」など、何を優先するか違ってきます。

職業の特徴を考えながら、自分の状況に合った仕事探しを効率よくできるよう、譲れない条件を考えてから、仕事探しをしましょう。

 

家庭や子どもの事情でお休み相談OK!のお仕事たくさん♪|しゅふJOB

あなたにおすすめの記事
ランチタイムだけのパート、子育て主婦に人気!

 

 

しゅふJOB
しゅふJOB

この記事を書いた人

しゅふJOBナビ編集部

twitter

しゅふJOB