パート界で今、50代主婦に注目が集まっているってホント?

仕事

子育てが一段落し、時間に余裕がある上、体力的にも元気な50代。
今、50代主婦をパートで積極採用する企業が増えているそう。
ここでは、50代主婦のパート事情について紹介します。

Tulips

50代主婦に注目が集まる理由

子育てが一段落している50代主婦の最大の強みは、
時間の融通がきくということ

子育て世代の場合、保育園や学校の関係で勤務時間、勤務可能な日数、
曜日が制限されがちです。
その点、子育てが一段落している世代の場合、
フルタイムで勤務することも可能ですし、週5日勤務など、
安定的な戦力として期待できます。

子育て世代もパートの戦力としては欠かせない存在ですが、
安定戦力として50代主婦が注目を集めているのです。

働いていない期間=ブランクが長いといった不安要素があるのも事実です。
しかし、人生経験が豊富な分、若い層にはない落ち着きや安定感、
年配者とのコミュニケーションや対応力に長けているといった、
50代主婦ならではの魅力もあります。

実際、50代主婦の可能性に目を向けた企業が、
積極採用する動きが顕著になりつつあります。
パートの採用でも、50代主婦をメインターゲットにした求人情報サイトや、
求人サービスのリリースが堅調なのも、うなづけます。

50代主婦の活躍が目覚ましいパートは?

主婦の経験をストレートに活かしやすい仕事といえば、サービス業です。

キッチン(調理)スタッフなら、
長年、家族の食事を担ってきたスキルが活かせます。
また、子育てや介護経験があるからこそのきめ細やかな対応ができると、
50代主婦のホールスタッフが評判になっているケースも珍しくありません。

主婦ならではのコミュニケーションに注目が集まっている業種としては、
コールセンターがあります。
若い人にはない落ち着いた対応には、定評があるようです。

また、商品や引越の梱包作業では、その丁寧な対応に評価が高いほか、
カルチャーセンターなど、主婦や年配者が多く集まる施設の受付等でも、
50代主婦が活躍しています。

「看護士」や「保育士」といった有資格者の求人ニーズも高く、
実際、活躍している人は多くいます。

その他、今50代主婦を積極採用する業種や企業は増加傾向にあります。

中高年向けの求人サイトや求人ページには、
50代主婦の活躍に期待が集まるパートがたくさん紹介されているので、
チェックしてみるとよいでしょう。

女性タイピング

パートを探す?それとも起業する?

パートを探す中でどうしても気になるのが、
「世代が違うスタッフたちと上手くやっていけるのか」
「年下の上司の下では働きづらいのでは?」といった人間関係です。

せっかく新しく始めることなら、煩わしいことはないほうがいい、
という考え方もあります。
そんな場合は、思い切って『独立』を検討してみるのも手です。

独立といっても、大層なことをする必要はありません。
例えば、ハンドメイドの洋服やアクセサリなど、作品づくりが趣味ならば、
「ネットショップ」を開設したり、「販売代行サービス」などを活用して
作品を販売するのも立派な独立です。

パソコンが得意なら、中高年や主婦向けに「パソコン教室」
開くのもいいかもしれません。パートで社会復帰するだけでなく、
選択肢として、独立を一考してみるのもありかもしれません。

 

まとめ

パートで働くにせよ、思い切って独立を考えるにせよ、50代になってからの
仕事探しを有利に進めるためには、自分の強みを見つけることが大切です。

主婦経験しかない、と考えがちですが、
実は主婦経験で培ったスキルを活かせる場は少なくありません。
まずは、自分の強みや価値観を洗い出してみましょう。
50代は、今、注目を集める立派な戦力です。
50代だからと諦めるのではなく、自分らしく輝けるフィールドを見つけて、
セカンドライフにチャレンジしていきましょう。

 

「しゅふJOBパート」で50代歓迎のお仕事を探す

 

あなたにおすすめの記事

自分にあったパートさがしは、どうすればいい?

しゅふJOBパート

バレンタインデーは、マーケティング戦略の成功の証!?

マイナンバーはパート主婦にも必要?