お悩み解決

もうパートを辞めたい!一ヶ月で退職した事がある人は「50%」の理由は

更新日:2019-02-27

おしごとのこと

「始めたばかりだけど、この環境じゃ続けられない…!「聞いてた仕事と全然違う!今すぐ辞めたい!」「もしかして大変?我慢したほうがいいのかな、辞めたほうがいいのかな……」と、パートを始めてすぐに考えたことありませんか?
そこで、
・1ヶ月以内に辞めた事がある人は約50%!理由は?
・退職か継続かの判断は、入社3ヶ月目がベスト?
・最初の3ヶ月をうまく乗り切るための心構え
の3点から、見ていきましょう。
転職をする!とすでに決意している方は、こちらもご活用ください。
自分に合ったお仕事を「しゅふJOBパート」で探す

1ヶ月以内に辞めたことのある人は約50%!その理由は?

求人サイトの調査によると、パート・アルバイトを1ヶ月以内に辞めた経験がある人の割合は、なんと2人に1人という結果が出ています。
具体的には、51%!何と半数以上です。
では、1ヶ月以内に辞める理由には、どのようなものがあるのでしょう?


【パートを1ヶ月以内に辞めた理由】
・勤務時間が聞いていたのと違い、残業も多かった
・ラウンダーと聞いていたのに、営業のような厳しいノルマがあった
・働き始めてから1年間は時給が低いと、働きはじめてから聞かされた
・女性同士のトラブルや、派閥、いじめがあり、職場の環境に馴染めない
・急に実際の仕事を任されて何もできず、ミスを連発して自信がなくなってしまった


このように、短期間で辞めた理由としては、給与や勤務時間など、雇用条件に大きな食い違いがあった場合や、人間関係が多いようです。

辞めるか続けるかの判断は、入社3ヶ月目がベスト?

パートを辞めるか辞めないかの自己判断をする、ベストな時期をご紹介します。
まず、パートやアルバイトには試用期間というものがあります。
試用期間は3ヶ月間であることが多く、試用期間終了後、お互いに更新する意思がなければ契約終了という形で雇用関係を終了することができます。
なぜ試用期間が3ヶ月間であることが多いかというと、3ヶ月もすれば以下のようなことが起こるからです。


【3ヶ月経つと起こること】
・最初の頃の緊張が抜ける
・環境に慣れ、職場環境を見通せるようになったり、自分が仕事に向いているか、冷静に判断できる
・よく話せる人ができたり、いじめられたり、派閥に分かれたりと人間関係の立ち位置が決まる
・人事異動や部署異動、新人が入ってきたりする


これらのことが起こる3ヶ月目が、この先も働いていけるか、やはり辞めたいかと冷静な判断ができるようになる頃合いなのです。
「3ヶ月の壁」を乗り越えれば、その先も長く働いていける可能性が高くなります。

最初の3ヶ月を乗り切るための心構え

もし、明らかに雇用条件が違う、パワハラがあるなどの理由で辞める場合は除き、「人間関係」や「仕事に自信がない」などの理由でパートを辞めるか悩んだ場合は、まず最初の3ヶ月を乗り切ることを考えましょう。
試用期間の終了を機に辞めることを判断した場合は、通常の退職を願い出るのに比べ、心の負担も違います。
最初の3ヶ月をうまく乗り切るには以下のようなの心構えが必要です。


【最初の3ヶ月を乗り切る3つの心構え】
1、いきなり他のパートさんや社員の雑談に入らない
2、言われていない仕事や雑用でも、余裕があれば積極的に手伝う
3、仕事が教わったらメモを取りしっかり覚える


この3つの中で特に大切なのは、意外かもしれませんが、「いきなり他のパートさんや社員の雑談に入らない」です。
主婦パートの新人に多い失敗の一つに、大きな声での雑談や、笑い声があります。
一見、馴染んでいるように見えますが、実は不評を買っていることも。
「声が大きかったり、雑談が多くて、社員の目が気になる…」「一緒に話しているとサボっていると思われてしまうかも…」ということもあるでしょう。
最初のうちは、話しかけられてから答える程度で様子を見つつ、徐々に自分の個性を出した方が無難といえます。
何より、仕事を一生懸命に覚えることを最優先に意識して、仕事優先に、謙虚に立ち振る舞うことが、スムーズに最初の3カ月を過ごせるコツです。

パート辞めてよかったことと後悔したことは?

仕事内容が思っていたものと違ったり、パート先の人間関係に悩み辞めたいという気持ちが出てくるのは仕方のないことかもしれません。
その際に考えてみるべき事は、「パートを辞めることによって得られるメリット」と、「後悔するかもしれないデメリット」です。
この二つをはかりにかけて、結果が自分にとってプラスのほうが多いようであれば、辞めるべきですし、マイナスのほうが多いようでしたら、辞めるべきではないかもしれません。
実際に、辞めて良かった!後悔した…という生の声を聞いてみましょう。


パートを辞めてよかったこと

・ストレスによる体調不良が改善・解消された
・心に余裕がでて、家族との関係がよくなった
・知人に誘われてよいところに再就職できた。
ストレスから解放されることに加えて、現在のパートを辞めることでより良い新しいパートに出会えるかもしれないということです。

パートを辞めて後悔したこと

・仕事をやめたことで怠惰な生活を送るようになり、罪悪感を覚えるようになった。
・収入が減り、家計が厳しくなった。
・次の仕事探しに焦るようになった。
収入面はもちろんのこと、生活のメリハリが無くなってしまったり、次の仕事が見つかるのか・年齢的に働けるのか不安、という声もありました。


パートで悩んだときはそのパートのマイナス面ばかり見がちで辞めたいという気持ちが強くなってしまい、辞めることによる後悔は、なかなか見えにくいものです。
家族や友人など、第三者に相談し、一度冷静になってから判断をするといいかもしれません。
また、退職を考えた理由にも拠ると思いますが、就業条件などが違った場合、次のお仕事探しにいかすことが必要です。
求人サイトの検索を有効に使って、自分の希望に近い条件・環境のお仕事を探してみるようにしましょう。
主婦パートをお探しの方、手前味噌ではありますが、主婦向けの短時間・少日数のお仕事を毎日更新しているのでよろしければご活用ください。
しゅふ向けのお仕事たくさん!「しゅふJOBパート」で探す

まとめ

パートなんだから合わなかったらすぐに辞めればいい!という考え方を最初から持っていると、投げ出す癖がついてしまいがち。
まずはある程度の期間を決め、様子をみながら、冷静に判断することが大事です。
最初3ヶ月はまずは一生懸命仕事を覚えることに集中するのが鉄則。謙虚に過ごす、これが「3ヶ月の壁」を乗り切るコツです。
その上で、辞めたいと思うか続けられるか判断しましょう。
自分に合ったお仕事を「しゅふJOBパート」で探す

あなたにおすすめの記事
【体験談】パート先のいじめや嫌がらせ…4つの対処法

この記事を書いた人

しゅふJOBナビ編集部

twitter

お悩み解決の他の記事も見てみる

しゅふJOBパート