はたらく知識

ワード・エクセルの「基本的な操作」ってどの程度?パート募集にもよくあるレベルの目安を解説します

更新日:

働き方

 

このお仕事、いいかも!と思う求人を見つけた時に、気になるのがこんな応募条件ではないでしょうか。

【必須】基本的なパソコン操作ができる方

 

「エクセルやワードを使ったことはあるけど、基本的な操作ができているって言えるのかな…?」

「基本的って、何がどのくらい使えたらいいんだろう…?」

「使ったことはあるけど、事務職でエクセルスキルってどの程度あればいいの?どこまで知っていたら自信が持てる…?」

という疑問が出てきませんか?

では、どのくらいExcel・Wordが使えれば「基本的なPCスキルがある!」と言えるのでしょう。

今回は、Excel・Wordの初級/中級/上級とは?それぞれどんな仕事に使うの?をまとめました。

お仕事に応募する際、参考にしていただければ幸いです!

働きやすさ重視なら♪子ども・家庭の都合でお休み相談OK!のお仕事を見てみる|しゅふJOB

初級?上級?スキルレベルチェック!

Excel・Wordそれぞれのスキルレベルを見てみましょう!

求人に書かれている「初級程度」「中級程度」を調べてまとめました。

 

※企業によって、求めるレベルが異なります。参考までにとどめておいてください。実際に業務上で求められるレベルは、面接時などに確認をしておきましょう。


Excelのスキルレベルチェック!

初級

・フォーマット化された表へのデータ入力
・コピー&ペースト
・データを名前を付けて保存・上書き保存
・印刷設定(余白、範囲設定)
・セルの書式設定
・罫線を引くなど、表作成
・足し算、引き算などの四則演算
・関数(sum関数・average関数)

中級

・グラフ作成
・図面描画
・シート操作(表示固定、セル結合、データの並べ替え、フィルタをかけるなど)
・関数(if,count,round,vlookup)

上級

・集計機能(ピボット)
・オブジェクト挿入
・自動マクロ
・VBA


未経験OKの事務の場合は、ほとんどが初級レベルでできる仕事です。

上級まで対応ができるとExcelがとても使える人と認識されますが、パートではここまでのスキルを求められることはほぼないと言っていいでしょう。


Wordのスキルレベルチェック!

初級

・データ入力
・文字装飾(フォント、太字、色、斜にするなど)
・均等割り付け
・書式設定
・印刷(余白、ページ設定。はがきサイズなど)
・挨拶文ウィザード

中級

・グラフの作成
・インデント作成
・オブジェクト挿入
・図形描画、写真を入れるなど画像挿入

上級

・リンク貼付
・ラベル作成
・段組設定
・差込印刷
・校正機能の設定


Wordで重視されることは、資料の見やすさ、わかりやすさを引き出すセンスが必要となることです。

文字装飾にしても、フォントの大きさ、フォントの使い分け・統一感で、資料の見やすさ・わかりやすさが大きく異なります。

また、意外と忘れられがちなのが入力スキルです。

データ入力では、タイピングが速く、正確であることが重視されます。

ちなみに、求人情報ではよく下記も見かけますね。

【必須】入力がスムーズにできる方

 

これは下記を参考にしてみてください。


初級:入力ができる

・人指し指だけでキーボードタッチをする
・キーボードを見ながら文字を打てる

中級:入力がスムーズにできる

・少し手元を見ながら両手で文字を打つ

上級:データ入力速度・正確性が高い

・手元を見ずタッチタイピングで文字を打つ


タイピングについては、事務の仕事をする上では早いにこしたことはありません。ちょっと自信がないかもしれない、という方は練習しておきましょう!

無料サイトもたくさんあるので、活用してみてください。例えば、イータイピング(e-typing)ではタイピング後に入力レベルが表示されます。(ランクA以上は…達成した人にしかわからない、シークレットレベルあり!)

ゲーム感覚で入力スピード・正確性を上げることができます。一般事務では入力レベルC以上を目安にしてみましょう。

※再度になりますが、企業によって求めるレベルが異なるため、参考までにとどめておいてください。業務上で求められるレベルは面接時などに確認しましょう。

MOS、とる?とらない?

さて、ここまでスキルの紹介をしてきましたが、やっぱり説得力があるのは資格ではないでしょうか。

パソコンスキルの資格では、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)、日商PC検定といった資格があります。

特にMOSは多くの企業でMicrosoftofficeを使用していますし、一般事務・営業事務で使用するレベルの内容が多く、信頼感が高い資格といえます。

ただし、資格を持っているからといって、実務でかならず使用できるというわけではありません。

「ブランクは長いけれどMOSを持っています!」と採用してもらったけど、任せてもらった業務で活かせず、本人も仕事がつらくなってしまった…という嘆きも聞こえてきます。

もちろん、知識を身に着けたり資格取得のために勉強することは無駄にはなりません。

ただ、企業が仕事上で求めているのは、仕事を任せたときに活かせるスキルを持っているかどうか、を重視しています。

パソコンスキルは資格を取らなくても、セミナーを受けて実際に手を動かしたり、本・動画・webサイトを見て学んで実務で使ってみて身に着ける、というステップがスキルアップに最も近いのです。

 

Excelを使う仕事といえば?

Excelは主に数値計算・データ集計や分析、グラフ化に使われます。また、在庫管理、業務管理、顧客管理、売り上げ管理にも使用されます。

どんなお仕事で使用するのでしょうか?


一般事務:データ入力

営業事務:表・グラフ作成、データ集計・管理、企画書・提案書・見積書・請求書の作成、部署内の経費管理

経理:日常経理の集計、帳票管理、請求書発行、給与・報酬・残業代の計算、経営管理のための資料作成

人事:採用管理表の作成、給与・報酬・残業代の計算

マーケティング:広告投資の管理、データ分析、レポート作成、提案資料化

SE:データ管理・照合、システム設計


など、やはり数値に関わる仕事で使用することが多くなります。

Excelをたくさん使う仕事をしてみたい!という方は、上記のような職種で検索してお仕事を探すこともおすすめです。

また、手前味噌ではありますが、しゅふJOBでは主婦向きの就業日数・時間帯で働けるお仕事をたくさん集めています。フリーワード欄で「vlook」や「ピボット」などを入力して検索してみてください。

 

Wordを使う仕事といえば?

Wordはビジネス文書・報告書・企画書・提案書などの書類作成で使用されます。

幼稚園や小学校、PTAでもお知らせの作成はWordで作成されることが多いですね。

Excelはグラフなど数値を図形化することが得意ですが、企画書・提案書などのように印刷して使用する書類には向いていません。

そのため、Excelで根拠となるデータを作成し、Wordで書面化する、ということが多いようです。

また、Wordだけの機能として文章校正機能があります。

企業間の取引条件書や個別契約書のリーガルチェックをする際や、記事のライティング・編集業務でも使われます。

インデント機能を活用すればマニュアル作成もできるので、職種や業界を問わずに活用できるスキルなのです。

 

まとめ

事務パートの求人にはほぼ100%書かれている「パソコンの基本的な操作ができる方」。

Excel・Wordは初級レベルまでは抑えておいたほうがよさそうです。

求人の中には「事務未経験でもOK!」というものもありますので、仕事をしながら覚えるという機会もあります。

パソコンが得意じゃないかもしれないから…と思わず、自分のレベルに合っていそうなお仕事や、チャレンジできそうなお仕事に挑戦してスキルアップを目指してみてはいかがでしょう。

また、求められるスキルは事務・経理など職種からも、どんなスキルが求められるのか?どんなお仕事で使うのか?がある程度想像できることがわかります。

想像もつかない!自分のスキルで足りるのかしら??と思ったときは、応募時や面接時に求人先の担当者の方に確認をしてみるようにしましょう。

ExcelやWordが上級レベルで使えると、できるお仕事も広がります!(応募できるお仕事も増え、お給料もUP!)

ぜひ参考になさってみてくださいね。

 

オフィスワーク×主婦・主夫活躍中!の職場を見てみる|しゅふJOB

しゅふJOB
しゅふJOB

この記事を書いた人

しゅふJOBナビ編集部

twitter

しゅふJOB