主婦が確定申告の前に知っておきたい3つのこと

生活

毎年やってくる2月~3月の確定申告!

全くの収入ゼロという専業主婦なら、
所得税を支払う必要がありませんから無関係ですが、
パート主婦の場合は、自分で申告しなければならない場合もあります。

確定申告の必要、不必要に関係なく、
主婦なら押さえておきたい確定申告のポイントをご紹介します。

1.確定申告が必要なケース
2.「雑所得」を知る
3.得する確定申告を知る

 

1.専業主婦やパート主婦でも確定申告が必要?

【専業主婦の場合】
ネットオークションや内職、在宅ワークなどで、
一定以上の収入がある場合は確定申告が必要となります。

一般的には、年間で38万円以上の「所得」を得ている場合は、
確定申告の対象となります。
ただし、アフェリエイト収入については「内職」とみなすのか、
判断基準に曖昧なこともありますから、
お住まいの管轄の税務署へ確認しておくと安心でしょう。
【パート主婦の場合】
税法上、年間で103万円以上の給与所得を得ている場合は、
夫の扶養を外れますから、自分で確定申告の対象になります。

ただし、企業に勤めている場合は、
自動的に毎月のお給料から源泉徴収されていますから、
ほかに収入を得ていなければ、確定申告をする必要はありません。
毎年、年末に行われる年末調整がありますから、
そこで申告しておけば、多めに徴収されていた場合に還付されます。

なおパート収入以外で、例えば
ネットオークションなどで「利益」を出している場合は、
確定申告が必要な場合がありますので注意が必要です。

 

2.確定申告の必須ワード「雑所得38万円」を知る

主婦がパート以外でも収入を得ようと思ったら、
最近はネットオークション、アフェリエイト、ネット内職などが主流。
その時に押さえておきたい税知識が、
「雑所得38万円」「雑所得33万円」です。

これはそれぞれ、
1年間で38万円以上の所得があると「所得税」の課税対象へ、
33万円以上で「住民税」の課税対象になります。

逆を言えば、内職やネットでのお小遣い稼ぎは、
年間33万円以下に抑えれば、所得税も住民税もかからないということ。

それでは、以下のようなパターンではどうでしょうか?


Q1.ネットオークションやフリマアプリで、
身の回りの不用品を売り、収入を得た。(営利目的ではない)

A1.営利目的ではないので、基本、確定申告の必要はありません。


Q2.ネットオークションやフリマアプリで、

自分で作ったハンドメイド品を売り収入を得た。

A2.材料費を差し引いて33万を超えたら、確定申告の必要があります


Q3.自身の管理しているブログのアフェリエイトで収入を得た。

A3.アフェリエイト収入を「内職」とみるかどうか、
所轄の税務署に確認する必要がありますが、
33万円以上の収益がある場合は、
住民税課税対象ですから確定申告の必要が生じます。


Q4.クラウドソーシングを利用して収入を得た。

A4.必要経費(65万円まで)を差し引いても、
33万円以上の利益がある場合は確定申告が必要です。


tc9v9a4282_tp_v

3.最も得する確定申告の方法を知る

パート主婦、専業主婦であるご自身が、

賢く所得を得るための知識をもつことも大切ですが、
もうひとつ大切なのが、
「世帯として一番得する方法」を知っておくことです。

どれが一番世帯としてお得かは、
夫の収入によって異なるものなのです。


【夫の年収が500万円の場合】

夫の支払うべき所得税は微増しますが、妻が稼ぐため、
103万を超えた方が世帯としては収入が多くなります。


【夫の年収1,000万円以上の場合】

夫の所得税課税率が高いので、
妻が扶養かどうかは非常に大きな差になります。
妻は103万円以下の抑えたほうが世帯収入はお得です。

このことを知らずに、
「損しちゃった!」ということは案外多いようです。

また今後は「配偶者特別控除の廃止」の動きもありますから、
その場合には、気にせず稼ぐ方が良いでしょう。

まとめ

専業主婦や103万円以下に抑えて働くパート主婦にとっては、
あまり身近ではない確定申告ですが、
実はきちんと税知識を知っておくことは損をしないために大切です。

何気なく得たネット収入によって思わぬ事態にならないように
しっかり収入をコントロールして、賢く確定申告を乗り切りたいですね。

 

あなたにおすすめの記事

メリットいっぱい!主婦のフリマアプリ活用法

しゅふJOBパート

パートで人気の「一般事務」の7つのお仕事って?

ヘルプデスク(ユーザーサポート)の仕事内容は?