求人作成ノウハウ

【不安にさせちゃう求人原稿】になっていませんか?この書き方では応募が来ない事例を紹介します

公開日:


「求人募集をしたけれど、中々応募者が集まらない」「応募はあるけれど、希望していたような人材ではない」と困ったことはありませんか?

どのような点を改善していけば、満足できる採用に繋がるのか!?をこの記事でご紹介していきます。

▶【パートや主婦の採用なら】主婦特化型の求人サイトしゅふJOBパート。詳しくはこちら

ホームページが不明瞭で古く更新されていないのに、求人原稿の会社説明を短く済ませてしまっている。


求職者は、原稿に記載された会社の概要説明だけでなく、ホームページを検索して、どのような会社なのかを調べることが増えてきています。

ホームページがわかりにくく、情報の更新もできていなければ、この会社はどうなんだろう…と不安になり、応募を敬遠されてしまうこともあるので、会社のホームページを充実させていくことが重要でしょう。

また、ホームページは採用関係だけでなく企業として最大のアピールポイントになりますので、この機会に見直してみるのもいいかもしれません。

しかし、ホームページの更新に時間がかかったり、コストがかかってしまう場合は、取り急ぎ求人の記載内容を具体的にすることで、会社のアピールをしましょう。

【会社説明の例】
・新聞やメディアへの掲載実績の記載
・開示可能な取引実績
・小規模であっても「代表が元大手〇〇勤務後、独立」など、過去の勤務実績を記載
・「創業〇年間、連続増収益」などを記載

職場環境が記載されていない→どのような人が働いているのか?職場環境は?


求職者にとって、職場環境が記載されていなければ、職場環境がイメージできず応募に至らないこともあります。

入社すればどのような環境で働くことになるのか、具体的に想像できれば、職場環境のイメージが広がり、応募意欲が高まります。

働く部署の人員体制(男女・雇用形態比)、役割分担、雇用形態などを記載し、問題がなければ実際勤務する職場環境の写真や、現在の従業員が勤務している写真などを掲載すれば、より職場環境が伝わりやすいでしょう。

【職場環境の書き方例】
・社員2名、パート職8名の計10名
・社員1名(チームリーダー)のみ男性、他は全員女性です!
・(若年層が多い会社の場合)20代メンバーも多く、活気のある職場です!
・(ミドル・シニア層が多い場合)40代メンバーも多く、落ち着いた職場です!
・(しゅふのパートが多い場合)ママさんも多く、シフト変更にも対応しやすい環境です!



希望の人材に求めるスキルを盛り込み過ぎている


入社後のミスマッチを減らすためにも、業務内容や業務量など細かく表記する方がいいでしょう。

しかし、求めるスキルが高すぎたり、業務量が多すぎたりすると、求職者は自分のスキルではやっていけないのでは…と敬遠してしまい、実際に充分なスキルを持ち合わせた人材の応募を逃してしまう可能性もあります。

ですので、最低ラインのスキル表記は必要ですが、サポート体制や研修期間などを表記し、絞り込み過ぎずに募集を広げてみるのもいいかもしれません。

また、業務量に関しても、最低お願いする業務は記載すべきですが、「慣れてくれば状況に応じて〇〇もお願いしたい」といったように、今後任せる可能性のある業務として表記しておくことで、募集時の業務と違う、といった入社後の齟齬を減らすことができます。

【経験・求めるスキルの書き方例】〇〇部分は細かく記載
・〇〇の業務経験1年以上
・○○まで一人で完了できる方
・学習のみ業務未経験でも可

【業務内容の書き方例】
・〇〇の業務を担当、同業務の方がいますのでサポート体制も充実しています!
・最初はアシスタント業務から始め、慣れてくればメインポジションでお願いします!
・研修期間は指導員と一緒の作業になりますので、質問しやすい環境です!
・将来的に、○○のリーダーポジションをお願いします!
・希望があれば、別部門への移行も可能


そもそも、求人募集の採用計画を明確にできているか


人材不足の求人募集で、慌てて求人原稿を掲載してはいませんか?

・どのような人材を募集したいのか
・どのようなスケジュールで募集するのか
・採用にかかる人件費はどれくらいか
・どのような雇用形態で募集するの

などを明確にしていなければ、求人募集してから採用までがスムーズにいかず、人材のターゲットを絞り込めていなければ、入社後に齟齬が生じる可能性もあります。

まずは、企業側としての求人ターゲット層を明確にすることが重要です。

経験やスキルのある即戦力としての人材を求めているのか、未経験からの人材を育成するのか、パートやアルバイト勤務の人材を多く採用し、ローテーション勤務を希望するのか、を絞りこみ、ターゲットの人材が希望する職場環境かどうかをアピールしましょう。


求人を掲載する媒体を間違っていない?


正社員を応募したいのに、アルバイトやパート募集に強い求人サイトに掲載していたり、パートを募集したいのに、正社員や派遣に強い求人サイトに掲載したりしていないでしょうか?

さまざまな求人サイトがある中で、会社として求人のターゲット層でない媒体に掲載すると、応募数が少なかったり、求める人材と違う層からの募集が多くなったりと、求人における不要な労力をかけることになってしまいます。

正しい求人媒体に掲載し、求人に見合ったサービスを利用することで、会社の希望する人材を採用する近道になります。

最後に

現在、求人募集原稿を掲載していても、上記のポイントを押さえながら、掲載済みの原稿を見直すことで、応募の増加や希望する人材の採用につながります。

また、求人サイトによっては、便利なサービスもありますので、それらを利用しながら、より良い採用活動に役立てましょう。

主婦の採用メディアNo.1「しゅふJOBパート」
しゅふ層の集客は私たちにお任せを!

年間991万人が集まり、導入企業様数2万社以上の”主婦採用に特化した
求人媒体しゅふJOBパート。

NHKをはじめ日経新聞、雑誌などにも多く取り上げていただき、
また革新的な優れたサービスを表彰する「第3回 日本サービス大賞」において
「厚生労働大臣賞」を受賞しました。

しゅふJOBパートでは、プロのライターが求人原稿作成を無料支援。
人材に合った最適な求人原稿を、カンタンですぐに掲載できます。

また1名応募=5,500円~で即採用も可能!
費用対効果が高くリピート企業様が多いことも特徴です。

<ご利用企業様のお声>
「応募数、求職者の就業意欲に満足!他媒体に比べ圧倒的に応募が多い」
「学生より主婦層の応募が欲しい、そんな時しゅふJOBパートが解決してくれた」
「法律関連の情報もすぐに発信してくれて助かる」

まずはお気軽にホームページをご覧ください。

しゅふJOBパートはこちら

署名

【運営】株式会社ビースタイル メディア        しゅふJOBパート 活用ノウハウ編集部

主婦の「働きたい」と企業の「採用したい」をおつなぎするために、
「主婦xパート」に関する採用・雇用情報の発信に取り組んでいます。

しゅふJOBパートは、主婦雇用に向き合い続け約20年の実績を持つ
ビースタイルグループの一員です。

人気の記事

もっと見る

ページ上部へ